『義経妖狐夢幻桜』朝美絢の先行画像スケッチ&見どころなど




先行画像をスケッチしてみた

雪組公演 『義経妖狐夢幻桜(よしつねようこむげんざくら)の画像が公開されました。

宝塚HP

主演は朝美 絢(あさみじゅん)さん

画像は…

宝塚HPより

当ホームページに掲載している情報については、当社の許可なく、これを複製・改変することを固く禁止します。
また、阪急電鉄並びに宝塚歌劇団、宝塚クリエイティブアーツの出版物ほか写真等著作物についても
無断転載、複写等を禁じます。

とのことで載せられないかなと思いますので、得意ではないけどまたスケッチしてみます。

描き描き。

描き描き。

ん?これ髪型すごいですね。どうなっているのか。

服装もかなりかぶいていますね!

うーむ。かっこいい!

似ていなくてすみませんが失礼します。(とりあえずなんでもチャレンジ)

あーささんのビジュアルに加え花びらが美しくも妖しい雰囲気を出しています。(本物の画像は)

公演について考える

『義経妖狐夢幻桜(よしつねようこむげんざくら)』

宝塚バウホール 公演期間:2018年3月29日(木) – 4月9日(月)

作・演出/谷 貴矢 (宝塚HPより)

キャストはまだ主役しか出ていませんが「ヨシツネ」を朝美絢さん、「ツネ」が星南のぞみさん

美男美女でビジュアルが映えます。

ツネは「キツネ憑きの少女」という役。すごい役。

時の権力者ヨリトモに追われる身となり、ベンケイとあてどない逃避行中だったヨシツネはツネと出会う。

ツネの願いを叶える約束で「雪の隠れ里」に誘われていってみると、なんとそこは異様に文明が発達した村だった。

村で久々の休息を終え、村をあとにしようとしてもツネの幻術で出ようにも出られない。

はたしてヨシツネは元の世界へ戻り追手からも逃れることができるのか?

「雪桜乱れ舞う、妖幻なる和風ロックファンタジー」

とのことで、なんだか面白そう。

ロック調でテンポがよく話が進みそう。

雪桜の演出はどうなるか。そして妖幻の世界にどう誘ってくれるのか。

異次元のような村ではどのような格好の人たちが暮らしているのでしょう?

面妖な感じか、それとも近未来的な格好か?

「雪の隠れ里」は一体どんな意味をなす村なのか?

ツネがヨシツネを村に誘う理由は何か?

ツネの願いとは?

「夢幻の里」の「無限の安息」。無限の安息とは理想郷なのか?少女はそこで幸せなのか?

ヨシツネは幻術にどう立ち向かうのか?

現実の追手からどう逃れるのか?

ありえない空想の世界はいろいろ想像をかき立てられて面白いですね。

「ヨシツネ」「ツネ」って名前がかぶっていますが、何か意味があるのでしょうか?あるいはキツネのツネですかね。

時代は鎌倉時代

鎌倉幕府を開いた源頼朝と異母弟の義経の史実をモチーフにしているかと思います。

史実では義経は頼朝の怒りを買い朝敵となり、奥州平泉に逃れ、匿っていた藤原秀衡の死後、31歳で自刃したことになっています。

しかしその後蝦夷へ脱出していたとか、成吉思汗(ジンギスカン)になって大陸を統治したとか伝説を生みました。ファンタジーにするにはいい人物かもしれませんね。

物語に引き込まれるにはやはり演技力が大切だと思います。

朝美絢さんはどのようなヨシツネを演じるか。

星南のぞみさんは妖しさでヨシツネを幻惑できるか。異形の者をどのように演じることができるか。

演技力がカギになりそうです。

カギになりそうです。

2回言ってみました(^^)。

タカスペのライブビューイングで初めて知りましたけど、朝美絢さんはビジュアル最強の上、歌もうまいのですね。

個人的に雪組の男役の歌について、望海風斗さんが突出していてあとは永久輝せあさんがうまいなあと思っています(若手をあまり知らなくてすみませんが)。なんて歌が上手いんだ!と思える朝美絢さんの組替えはとてもよかったなと思います。

あとは余談ですが、なんとなくイメージで漫画から荻野真「孔雀王」、CLAMP「東京BABYLON」(とうきょうバビロン)、高橋留美子「人魚の森」を思い出しました。

おわりに

朝美絢さんの演技はまだ見たことがないのですが、ビジュアルがいいし歌もうまいので楽しみですね。

星南のぞみさんのファンの方もよかったですね。

(私は「琥珀」DVDを見て演技にちょっとびっくりしました)

宝塚らしく美しく、良い作品ができるようにお祈りしています。

お読みいただきありがとうございました。

↓よろしければ~

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。