イモトの安室奈美恵愛はファンの鏡!『イッテQ』より




こんにちは、はぴごろもです。

『イッテQ』を何年かぶりに観ました。

イモトさんの安室奈美恵さん(以下敬称略)への愛は有名ですが、今回の企画でサプライズで会うことが叶いました。

これまでイモトは番組の企画でさまざまなことにチャレンジをしてきました。そのすべての原動力は安室奈美恵が大好きだという気持ち。

山に登るときも地上1000mのプロペラ機の上に立つときも、ヘビ料理にチャレンジするときも。

困難なときに大好きな人を思う、それだけで乗り越えられる場合があります。何があっても自分はこの人が好き、という気持ちは揺るぎない絶対のもので、その強い思いは自身を必ず支えてくれます。

実際サプライズで会った時は椅子から仰け反り、信じられない様子。それまで安室奈美恵への愛をスタッフに延々と話すときとはうって変わり、言葉が出てこない。

いざとなると硬直して言葉が出ない、「大好きです」しか出てこない。きっと全国でうなづいている人が多かったのでは。

イモトがすごいなぁ、すべてのファンの鏡なのではと思うことがいくつもありました。

愛は存分に語り、全力で応援するけれど、決して迷惑になり得る言動はしないことです。

・自分が有名人なのを利用して会わせてとは言わない

嫌われたくない

安室ちゃんのスケジュールを邪魔したくない

自分だけ会うのは申し訳ない

ということからかなと。希望していればもっと早く会えたかもしれないのに(今回もサプライズ)。「また会って下さい」とも言っていないと思います。

・引退する安室奈美恵の決断を尊重

「引退しないで」「なぜ?」「これからどうするの?」「復帰は?」とかメディアなら確実に聞きそうなことは一切聞かない。大好きな人が決断したことに何も口を挟むものではない。困らせるような質問はしたくない、ということでしょうか。

・ライブ入り待ち、ホテル出待ちをスタッフに提案されるも拒否

パフォーマンス中ではないところで会うわけにはいかない。すべては迷惑をかけない為。

遠目でも見たくなってしまいますが、正当な方法でないことは断固拒否したのですね。

安室奈美恵もイモトの言葉を優しく聞き、静かに涙するのが印象的でした。

引退しても「きっとこれからも頑張れる」という気持ちは、やっぱりこれからもずっとずっとずっとずっとずっーと大好き、という絶対的に揺るぎない気持ちに確信を持っているからだろうと。

何をおいても応援したい、大好き、でも迷惑は絶対にかけない。

大好きな人がいてイモトのようなこんな気持ちも持っている方は、幸いであるし、美しいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

よろしければ〜〜↓(^^)

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。