雪組「ファントム」の配役と平和など




こんばんは、はぴごろもです。

ちょっと初めに余談から。

世界的には平和な日本も、事件のニュースの報を耳にすると怖いなあと思います。

こういう時はどうするか、などあらためて考えるきっかけになり、また日頃、平穏無事に過ごしてこられたことはありがたいと思います。

(実はいろいろ書き始めてしまって本題から逸れすぎたため削除。逃げ場がない状況の時は何でもいいから容赦なく犯人に物を投げつけてひるませましょう、とだけにしますね。)

政治ではサミットが6月8日~9日にカナダで開かれましたが、貿易分野で首脳同士の口角泡を飛ばす激論があったようです。日本の裁定でどうにか収束の方向に向かったそうです。(サミットが終わって解散してからまたザワザワしていますが)

こうしたことはあまりテレビでは視聴率が取れずたいして取り上げないかも。今日会社で他の社員に話を振ってみましたが、サミットがあったことすら知らない。ぬぬぬ。

一部メディアの報道の仕方に疑問があるので私はここのところ各公式ツイッターで直接情報を得たり(別アカウント)、ネットのニュースから自分なりに広げて調べたり(ネットでですけど)理論的建設的に分析できる評論家の評を読んだりして政治経済など世の中の動きをざっくりですが、なるべく頭に入れるようにしています。

歴史のことで大きな視野、多角的な視点が大事と前に書いたことがありますが、現在も同様。具体的にはここでは控えますが、世の動きに日頃関心を持つことはとても大事なことだと思います。

日々の平穏な生活のため、子どもたちの未来の為、自分の趣味を楽しむことなどのために。日本そして世界が平和であるために。

雑談は以上です。失礼しました。

さてさて、雪組公演「ファントム」の配役が出ました。

宝塚のHPよると、こちらです。

ファントム 望海 風斗
クリスティーヌ・ダーエ 真彩 希帆
ジェラルド・キャリエール 彩風 咲奈
フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵 彩凪 翔
朝美 絢
アラン・ショレ 彩凪 翔
朝美 絢

顔半分隠していても美しさを隠し切れない望海ファントム。

はじめから歌がうますぎる真彩クリスティーヌ。

そして彩凪翔さん、朝美絢さんが役替わりですね!

どちらのパターンも観なくては!となりますねえ。

なにより、雪組の公演とあって主役はもちろん雪組のトップ、望海風斗!

うーん平和だ。そして純粋にワクワクします。

専科の方が主役であることを疑問に感じている人(私も含めて)を説得するに、有効なものは今のところ見つかっておりません。

組子全体の勉強云々でしたら別箱、そして主役も主役になる以前にしておいて欲しいですよねってなりますし。

それ以外となると何かあるかなあ。うーむ分からない。(話、逸れてますね。すみません。)

そして公演中にすみません。楽しめるところを楽しみます。ショーもありますし。

平穏なことが、どんなにありがたいことかを考える効果はあったかも。

と配役を見て思ったことでした。

ああ、こんなにもだいきほを好きになっていたのだなあ。

で、そうそう、ファントムだ!(←)

こちらは思う存分トップコンビの歌声・演技を堪能しましょう公演だと思います。

作品自体が平和かというとそうでもないですが、望海さんが「おとめ」で底抜けに明るい役をやってみたい(今手元にないのでニュアンス)と書いています。

気が早いですが、この次ぐらいの作品にそろそろ平和でハッピーなお話が訪れるのではと勝手に思っております。

来年のお話なので鬼も笑うかもしれませんが、来年の話をするくらいで鬼も笑ってくれるのなら、それはそれは平和なものです(^^)。

先々の楽しみが景色として広がってきてありがたいです。

お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。