早霧せいなネスレ宝塚スタートーク①




早霧せいなさんがゲスト!

3月6日より配信が始まりました!

ネスレ宝塚スタートーク、早霧せいなさんがゲストです〜!

待ってました!拍手〜〜!パチパチ!

ご覧になりましたか?

いやあ、なんだかChapter1からまさかのちぎみゆ〜!でしたね。

ちょっと振り返ってみましょう!

Chapter1:早霧せいな・退団後の変化とは?

中井アナから雰囲気が変わったことについて話を振られ、「そう言われます」と答えます。

和やかな柔らかい表情ですね。

飲んだ後のコメントの違い

コーヒーを飲みます。

ちなみに咲妃みゆさんの時のコメントは、何回か飲みましたけど

「あぁぁ〜〜♡、美味しい〜〜♡」的な感じでしたよね。

ちぎさんは、コーヒーが思ったよりストロングだったようで、

「お、あ、すごい。わりと、しっかり」

でした。

二人のこの違いが私はコッソリ微笑ましく思いました。

退団後の変化

「シークレット・スプレンダー」を終えてやっと退団の区切りがついたと話しました。

そして退団後は「欲深くなった」そう。

これまで無意識のうちに抑えていた欲求を感じられるようになって良かったです。

「シークレットスプレンダー」後

「結構私女もいけるんじゃない?
いけますよね!いけるでしょ!?」

と女を演じることにもだいぶ抵抗がなくなって、むしろ自信を感じさせました。

ラジオでの朗読「椿姫」の素晴らしいマルグリットを演じたのも自信を深めたかもしれませんね。

何事もやってみないとわからないものですね。挑戦したことでちぎさんの世界がさらに広がっていくのは本人もファンも嬉しい!

あと、欲求と同じで男役に集中していてそれ以外の役者について意識が向かなかっただけかなと思います。

余裕が出て、広く女優にも挑戦しようとなったのかしら、と。

相手役の名前を言いますよ!

さあ!

初回から萌えポイントが発生しました!

「シークレットスプレンダー」の稽古中リフトで、
「すいません!すいません!」を連発したちぎさん。

リフトされる側の咲妃みゆさん、女役さんについて思いを語ります。

その時、相手役さんのことをなんと呼べば良いのか。

いやあ、何回もリピートしてしまいました。

いいなあと思い呟いたら、文字だけですけどそうそう!ってなった方が多くて嬉しい!やはりそこ皆さまおお!ってなりますよね!

ちぎみゆ愛されてるわ〜〜♡

なぜ「咲妃」と「みゆ」の間であんなに笑ってしまったのか。

しかも「みゆ」がほとんど聞き取れず。もしかして「ゆうみちゃん?」

私は上記のツイートのように思いましたが、いかがでしょう?

「『咲妃みゆ』って言うのにどんだけ手間取ってるの、私!」みたいな(^^)。

または、何か面白いエピソードが思い浮かんでしまったかですね。

どちらにしろニヤニヤしてしまいます(^^)。

ちなみにこの時、ちぎさんの手にも注目です。

「咲妃みゆ」ワードでちぎさんの中でものすごい情報量×熱量が出てきて、それに懸命に頭で整理しようとしてあの手振りだったのかしら、と推察してみました。

いやあ、ちぎみゆファンにとって素晴らしいスタートを切ってくれたちぎさん、ありがとうございます。

そして予告動画もなにやら、というか最高に「ちぎみゆ 」のような…

楽しみ楽しみ。

中井アナからも

「もうなんなの!このツンデレ!」

とか言われてましたからね!

ではまた〜!

ありがとうございました。

↓よろしければ〜〜

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。