「Baddy(バッディ)」DVD感想①~上田久美子氏の描く善と悪~




バッディ楽しかった!

こんにちは、久しぶりに空手の稽古をして筋肉痛になっている、はぴごろもです。

普段の生活ですと運動不足になりますので、適度に体を動かしたいものです。

適度な負荷は生活にメリハリを与える効果がありますね。

さて、ずっと気になっていた月組「Baddy」のDVDを観ることができました。

『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』
作・演出/上田 久美子

舞台は地球首都・TAKARAZUKA-CITY。世界統一され、戦争も犯罪も全ての悪が鎮圧されたピースフルプラネット“地球”に、月から放浪の大悪党バッディが乗り込んでくる。バッディは超クールでエレガントなヘビースモーカー。しかし地球は全大陸禁煙。束縛を嫌うバッディは手下たちを率い、つまらない世の中を面白くするためにあらゆる悪事を働くことにする。彼の最終目標はタカラヅカ・ビッグシアターバンクに眠る惑星予算を盗み出すこと。しかし、万能の女捜査官グッディの追撃が、ついに彼を追いつめる!
なお、この作品は演出家・上田久美子の初のショー作品となります。

宝塚HPより)

 

↓ショーに期待して書いた記事です。

『BADDY(バッディ)』珠城りょうにサングラス!上田久美子先生が宝塚の歴史を作るか!?

とても楽しくて、それぞれのキャラが魅力的で、惹きつけられました。

また善や悪についていろいろと考えたくなりましたし、演出も斬新なショーでした。

新たなる歴史へ

ショーでは女性初となる上田久美子氏。

パイオニアとして思いっきり新境地を拓いたかと思います。

上田先生は本来は「伝統的なタカラヅカが匂い立つ、遠くから美しい世界をのぞいているような幻想的なショーが好き」(宝塚HPより)なのだそうですが、いざ創作する方では真反対なものが作り出されました。

(ちなみに私の知っている数少ないショーの中では「MAHOROBA」が思い浮かびました。)

不思議なものですが、潜在的なエネルギーが上田先生の中にあったのか、はたまた新しく道を拓こうとする開拓心から生まれたものか。

いづれにしても、「私がコケたら後が続かない」とはコメントしているものの、実際はその意識に収まらなかったのだと思います。

女性だから男性だからでもなく(スイートハートに現れているかと)、創作者たるもの伝統を守りつつも常に破っていくぐらいの気概で臨まなければいけない。

どうせ破るのならば天をも破る勢いで。

まさに破天荒なショーを創り出してみせました。

作品の中では103年間も”平和”だった”地球”にとっては青天の霹靂(へきれき)、驚天動地の大珍事が起こります。

そのくらい宝塚の歴史において、コミカルさを併せ持った珍事、ムーブメントを巻き起こしました。

バッディ側の手には常にタバコ。一方、地球人たちは美しい花。

どちらも元は植物。でも「善悪」になりうる。

「善悪」に分けて考えることができます。

また、フィナーレでは美しい扇子で優雅に仰いでいると思いきや、閉じれば一瞬にして煙がモクモクのタバコに早変わり。

一つのものでも見方、扱い方が変われば善悪になる。または善悪など曖昧なものだ、とも捉えることができます。

もしかしたら見る人が変われば善悪が真逆かもしれない。

表裏一体を扇という小道具で示す斬新さでした。

怒りのロケット

また、すでに話題として多く語られていることとは思いますが、ロケットを単なるロケットとして終わらせないところ。私も痺れました。

怒りのエネルギーほど熱量が大きいものはありません。

ちゃぴさん(愛希れいか)率いる「怒りのロケット」は作品中、一番のエネルギーを発していました。

平時ならば優美な羽根も怒りを纏えば、まさに怒髪天を衝く勢いを感じさせます。

鬼気迫る怒りのロケットはこれまで誰もやったことのない演出だったでしょう。

いかにも怖そうな人の怒りよりも、いつも柔和な善人を怒らせた方が怖いことがあります。

ロケットという統率がとれた怒りの表現により、すべてのエネルギーを怒りのベクトルに向け発射することに成功しました。

真面目な宇宙人

見た目から話題騒然となっていた宇宙人で出向銀行員(まゆぽん=輝月ゆうま)はやはり真面目な人でした。遠いところから来ているだけあって、一番俯瞰して見ることができている人物かもしれません。

続く

とても楽しいショーで、私は好きです。評価が分かれるところはあるかと思いますが。

音楽も耳に残ります。

何回観ても楽しめそうです。

善悪についてもう少し考えていきたいのでもう少し書くつもりです。

今回はここまでで失礼します。

こちらから。ブルーレイと。

【送料無料】『カンパニー —努力、情熱、そして仲間たち—』『BADDY—悪党は月からやって来る—』【Blu-ray】/宝塚歌劇団月組[Blu-ray]【返品種別A】

DVDです。カンパニーはまだ観れていません。

楽しみです。

【送料無料】『カンパニー —努力、情熱、そして仲間たち—』『BADDY—悪党は月からやって来る—』【Blu-ray】/宝塚歌劇団月組[Blu-ray]【返品種別A】

こちら書きましたのでよろしければ。

「Baddy(バッディ)」DVD感想②~惹かれ合う魅力~

お読みいただきありがとうございました。

↓よろしければ~(^^♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。