早霧せいな考案「邪気払い」をやってみた。ネスレ宝塚スタートークより




ネスレ宝塚スタートークより

毎週火曜日に3本づつ更新されるネスレ宝塚スタートーク。

ゲストは早霧せいなさん。

さーて!今週の早霧さんは?!

Chapter7:早霧せいなの4.11事件とは!?

Chapter8:宙組への組替え・・・「バレンシアの熱い花」の想い出

Chapter9:これをやったら邪気が払える!?

の3本です!(「◯ざえさん」風)

というわけで今回はChapter9をピックアップしてみたいと思います。

(ちぎさんの他のことも、書きかけなのですが先にこちらを)

ツイッターからの質問コーナーです。

宝塚時代の辛かった時、乗り越えられた原動力と方法について質問がありました。

ちぎさんは元々悩みを相談するというよりは、一人で自問自答しつつ乗り越えてきたようです。

宝塚時代の仲間には普段の何気ない楽しい会話などをすることで、「今日も楽しいことあったな」と思えたことが大きかったのだと。

プラスで考えることが素晴らしいですね。

◯◯があったから「嫌な日だった」ではなく、◯◯があったから「良い日だった」と。

早霧流邪気払いの儀式

そしてさらにちぎさん自身が編み出したという「邪気払い」を公開して下さいました。

恥ずかしいから、と言いながらもわりとやってくれましたね。

足腰をしっかり安定させてから、天に向かって黒い邪気をイメージしてそれを全身全霊で振り払う感じ。

20秒くらい無言でやるそうです。

下半身は空手で言うと騎馬立ちかなあと思います。

こんな感じ?(存じ上げない道場ですが、先生の立ち方がいいのでご紹介)

背筋はピンと。重心を真っ直ぐに下に落として安定した立ち方です。

(ちぎさんの立ち方がこれではなかったらごめんなさい)

そして上空の「黒い邪気」を文字通り払う!一心不乱に払いまくる!

うおおお!怪しい!

これはひと気のない暗闇でなければ無理ですね!

「これやってみ!」って言われた下級生たちはどうだったのでしょう?

ゆうみさんはまじめに取り組みそう。

ゆ「こうですか?」

ち「それじゃ可愛い過ぎて邪気が寄ってくる!もっと腰を落として!」

ゆ「はい!こうですか?」

ち「それじゃ、ナハナハでしょ!もっと手はこうしといてから、こう!」

ゆ「はい!どうですか?」

ち「よし!あと100回練習!私もやるから!」

ゆ「はい!ありがとうございます!」

とかスパルタでw。

中井アナも自分で振動させるのはいいですよねと納得のご様子。

理にかなった動きをちぎさん独自に編み出したのですね。すごい。

新鮮な空気も入ってきますし、「良い気」に変わりそうですね!

私も家に帰ってから早速やってみました。

ちょっと首や肩など回してからやるといいかも。スーパーボイジャーの振りを準備運動にするのもいいですね。(ネタありがとうございました)

なかなか20秒ってありますね。

ふう、長かった。

ところで、ワタクシ、この「20秒」というのにとても痺れたのです。

タバタプロトコルをご存知?

タバタ式トレーニング、通称タバタプロトコル。

立命館大学スポーツ健康科学部学部長の田畑泉教授が考案したトレーニング方法です。

先に海外で取り組む人が増え、成果を出したので日本でも広がりました。

内容は「強度の高い動きを20秒行い、10秒休む」という流れを8セット(4分)行うというもの。

動きは、腕立て、バービースクワット、強度の強いものならなんでもいいです。

20秒というのは全力で行えるギリギリのところ、だったのです。

みんなでやれば怖くない?

さて、暗闇でやるのも怪しい。

理にかなっている早霧せいなさん考案の

「早霧プロトコル」。(管理人が命名させて頂きました。

せっかくですので、もっと日の目を見てもいいのでは?

ファンの方と「絆!絆!」のあと、無言でこれ!

うおおお!怪しいことこの上なし!

危ない闇のセミナーみたい。

なんか、発電とかもできそう!

いや、お好み焼きの上のかつお節かも…

やっぱり人のいないところでやるしかないですね。

というわけで、話題があっちこっちしましたが、ネスレ宝塚スタートーク、ちぎさんの邪気払いからでした。

よろしければ(^^)

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。