どんなときも癒される存在に感謝。




こんにちは、はぴごろもです。

禍福は糾える縄の如し。

幸福なことと不幸なことは、より合わせた縄のように交互にやってくることの諺です。

完璧な存在ではない人間社会。元気な時とそうでない時があります。

気分が落ちている時に支えになるのは家族、友人、そして趣味が大きいのではと思います。

宝塚が趣味の人は人生で大きな得をしています。

日々のビタミン剤であり、ご褒美であり、癒しであり。

いつでも日本のどこかで公演をしており、夢の空間を提供しています。

一時的に(何年間も)宝塚の熱が冷めていても急に復活する時もあり。

 

私は昨日、咲妃みゆさんの笑顔(インスタ)に癒されました。本当に可愛い。

人生において永遠の別れの哀しみは誰にでも。

どんなときにも癒されるのだよなあ、ほんとうに。

私が今回癒されたのはこちら。

「ゴースト」を観劇した、元雪組の朝風れいさんのインスタ

3枚目が特に謎の動きでやられます。朝風れいさん、ありがとうございます!

感想は、

「あー。もー。ホント可愛い。ゆうみ最高。天才。天使。大好き。←結局それだ」(一部抜粋)

と書かれており、もう完全同意すぎて気持ちがいい。

ゆうみさんが可愛い生き物過ぎる。

動きが謎過ぎるよ!でもめっちゃ可愛いよ!


癒されたところで私の好きな、「ちなみに」を書いてみましょう。

ちなみに、「贔屓」(ひいき)という言葉について。

「貝」がいっぱいありますね。

どんな漢字の意味でしょう?

「貝」は「財物・貨幣」つまりお金のことですから、3つ合わさった「贔」は多くの財貨となります。

転じて(転じていないかも)、力強く「味方をする」「力添えをする」という意味があります。

「屓」「鼻息荒く力を出すさま」の意味があります。

合わせて自分が気に入った人に目をかけて(お金もかかるけど)鼻息荒く力添えをすること。

そんな贔屓がいることは幸いです。心が潤う存在に感謝感激です。

 

癒されついでに、とある妄想もしてみました。

これなら月組公演「アンナ・カレーニナ」のチケットが取れないとお悩みの方の解決になるかも?

 

さあ、また日々を生き、楽しみましょう。

これからも宝塚はきっと輝いて存在していてくれるでしょう。OGの活躍もありがたや。

お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。