早霧せいな「ザ・ラストデイ」DVDは最大のちぎみゆの可能性大!サンプル動画でクラクラ




早霧せいな「ザ・ラストデイ」発売へ

早霧せいなさんの宝塚最後の日の様子を収めた「ザ・ラストデイ」が発売されることになりました。

TCAオンラインショップの「退団記念DVD」サンプル動画が破壊力満点。

そこには見たことのない、「ちぎみゆ」が!

「ちぎみゆ」が「ちぎみゆ」過ぎて、もう言葉にならないのですが、

なんとか画像の力を借りながら言葉にしてみます。

動画はリンクを貼っておきますね。

TCAオンラインショップ

(ちなみに購入は楽天からも送料無料でありました。後述します。)

ということで、次から動画をキャプチャした画像を見ていきたいと思います。

「ザ・ラストデイ」動画

 

ちぎさんのラストデイ入りの様子。

ラスト「絆!」「絆!」です。

 

拳の力の入り具合、引き付け方、顔、気合満点です。

噛みしめるように。

力強い!

 

ちぎさんと共に白い服で一心に見守るファンも拍手喝采です。

 

 

咆哮するちぎさん。

華奢なのにとてつもないエネルギーが湧き出ています。

男役、早霧せいな、ここにあり!

運動会秘蔵映像ではなくてラストデイ

そして、開始5秒で被弾することに。

私はちぎさんの積極性さに、はじめ運動会の時の映像だあ!

と勘違いしてしまいました。

「ラストデイ」ですからラストの日でした。

先ほどの白いスーツの上に雪組法被を羽織っています。

それにしても、人目を憚らずこのちぎさんからの大胆なバックハグ。

では!

簡単ながら解説(っぽいの)とともに見てみましょう。

皆さんで拍手喝采のその時。

雪組カラーのゴム(?)の弾性の力を利用して、ちぎさんはゆうみさんに一気に近づきます。

ゴムの先にはゆうみさん。

 

すでに満面の笑み。

左手と共に体を開いてゆうみさんの、背中を目指します。

 

ゆうみさんも瞬時に察知し、右手を下げてきます。

さらにちぎさん、自分で勢いをつけて、

そして、後ろから、

 

ガッシリゆうみさんを捕らえました。

 

二人がピッタリになったまま、なお勢いはまだ続き、

 

ぎゅうう~

ゆうみさんの重心はちぎさんへ

 

ちぎさんの意のままに。

ゆうみさん、幸せそう。

 

左に45度一緒に回転。

背中の雪の結晶がバッチリ見えました。

いやあ、いい!意識が遠のきそう。

でもなんとか続きを書かねば!

向こうの正面で見ていた方たちは大丈夫でしたでしょうか?

続けて雪組全員で記念撮影。

ここでも当然のごとく、ゆうみさんの肩を抱いてます。先ほどから離さなかったのでしょうか(笑)?

 

「私のゆうみだ!」みたいな感じ。

抱き寄せてピッタリに。

いやあ、もう、血流が5割増しになりましたよね。(←それは妊婦の最大血流量)

さて場面は舞台に移り、こちらもちぎみゆ。

ぎゅ〜〜

 

こちらもちぎみゆ。

デュエットダンス。

コツン。

 

お二人、嬉しそう!

 

ああ、楽しみでたまらない。

(残念な語彙力でしたが、動画は最高でした)

BGMはちぎさんの歌「絆」

感極まりながらも、涙をこらえ、最後まで男役トップスターとしての責任をまっとうせんと力を振り絞って歌っています。

 

みんなの  …

 

…こちらも胸が熱くならずにはいられません。

収録内容

TCAサイトより

【収録内容】
2017年7月23日 雪組東京宝塚劇場公演千秋楽
◆楽屋入り
◆『幕末太陽傳』(※)
◆『Dramatic “S”!』(※)
◆「早霧せいなサヨナラショー」(※)
◆舞台挨拶
◆記者会見
◆楽屋出
(※早霧せいな出演部分を収録)

収録日:2017年7月23日/収録時間:152分

たっぷりの152分!嬉しいですね。

手に入れるには?

先ほどのTCAからのサイトでも買えます。

送料がかかりますが、届くのは早いと思います。

私はアマゾンか楽天での購入がほとんど。

送料かからないのがありましたのでご案内します。ただし、「発売日以降発送」というところにご注意下さい。遅れる可能性があります。

楽天ブックスです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

早霧せいな「ザ・ラストデイ」 [ 早霧せいな ] 価格:6480円(税込、送料無料) (2017/9/27時点)

 

でも、ちぎみゆファンはもう9割5分方注文済みかも。動画の威力ってすごい。

9月30日はWOWOWの公開収録放送日

この日はあのWOWOWの放送日でもあります。

「La Esmeralda」―早霧せいな×咲妃みゆ 副音声解説付―

夜7時からです。

その前に早霧せいな退団スペシャルが6時から。

DVDとともに、上半期の最後の日は大変なことになりそうです。

おわりに

なんといってもバックハグが破壊力満点でしたね。

ちぎさんの積極性が光る動画でした。

(私はちぎさんのゆうみさんへの愛はこの3年間変わることはなかった、むしろ深まったと考えています。

在団中は表現の仕方が初期のころと変わりましたが、この辺のことについての考えはまた改めて~(忘れなければかつ文章にできれば))

動画を見て、この湧き上がる感情。

煮えたぎる、熱き青春の血潮。

支え合い、苦楽を共にした嫁。

ラストにして、最大の「ちぎみゆ」DVDになっているのではと確信しました。

自分の血がそう、訴えています。

お読みいただきありがとうございました。

↓クリックなど感謝です!(^^)!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。