「#羽生結弦の写真撮るの下手くそ選手権」が愛に溢れる仙台パレード




羽生結弦、仙台凱旋パレードに人、人、人!

こんにちは、はぴごろもです。

今回は羽生結弦選手について書きたいと思います。

4月22日に仙台市で「羽生結弦2連覇おめでとうパレード」が開催されました。

主催者発表でなんと10万8000人も集まったのだそう。

すごいですね。羽生結弦選手の人気の高さを物語ります。

これだけ十重二十重の人垣を縫って写真を撮るのは至難の業だったでしょう。

10万人のファンそれぞれが例えば10枚写真を撮ったとすると、合計100万枚の羽生結弦のパレード写真があることになります。

そんな中、ツイッターでは面白いタグで大いに盛り上がっていました。

「#羽生結弦の写真撮るの下手くそ選手権」

なんぞや?

近くの木にピントが合ってしまった。

なるほど、なんとか撮ってもなんだこれwになったのですね。

それらを皆でワイワイ楽しみましょう。例え写っていなくとも、必死に羽生結弦選手をカメラに収めようとした愛の気持ちを共有しましょう!でしょうか。

オリンピックや世界選手権には出場できなくとも、この選手権ならば参加できた方も?

ツイッターには様々な写真がアップされました。

羽生選手の顔だけがカメラにかぶって見えない。

手だけ。

ポールに隠れて両手のみ。(羽生くんが細過ぎ?)

前の人の傘で残念。

知らないおじさんにピント。

ボケボケ。

光差し込みすぎ。

なかには、まったく人違いも。(記者の人)

皆さまの愛に溢れた投稿が面白かったです。

https://twitter.com/buzzfeedjapan/status/988317899826827267?s=21

報道機関の写真はやはりベストショット!

でも一般の人の投稿にたくさん笑わせて頂きました。

羽生結弦選手をお祝いする気持ちとともにほっこりもしました。

写真は下手でもやっぱり羽生結弦選手は素敵ですね!

あと、素晴らしい!と思ってのは、パレードの後、ゴミ一つ落ちていなかったということです。

こういうところも本当に素晴らしい!

治安の悪い国や地域ですと、厳重に取り締まらなければ事故が起きたりどさくさ紛れに犯罪をしたりあるかもしれないのですが、仙台は素晴らしいですね!

来た時よりも美しく。

羽生結弦選手の祝福にふさわしいパレードでしたね。参加者全員が皆パレードを成功させようと団結したからかもしれません。

嬉しくなるニュースでした。

ではでは、お読み頂きありがとうございました(^^)










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。