【Fetch as Google】「私はロボットではありません」画像を挑戦…ようやく気が付いた!

fetch8




サーチコンソールの「Fetch as Google」での勘違い

ブログのタイトルロゴをリニューアルしたり新たに記事を投稿したりしたので、Fetch as Google(フェッチ アズ グーグル)にインデックス登録をリクエストしたほうがいいのかな?と思い、

サーチコンソールクロールFetch as Googleで「インデックス登録をリクエスト」してみることにしました。

そこでの勘違いで思わぬ労力を使ってしまったので、自省の念を込めて(←他に仲間がいないかしら)書いておきたいと思います。

Fetch as Googleとは?

下記のようなことを考慮してくれるgoogleの機能です。

・検索結果に表示されない(インデックスされない)(←グーグルの本棚みたいなところに入れてもらえない)

インデックスのスピードが遅い(開設したばかりのサイトのため)(←新書なのに、なかなか営業が回ってくれず本棚に入れてもらえない)

いち早く書いた情報を、いち早く知らせたい(←記事を盗んだと思われないように、一番に納入したい)

勘違いの連続

私だけ?「私はロボットではありません」の画像選択

robot

確か数日前(2017年7月20日に書いています)までは、「私はロボットではありません」をチェック(毎度なんのこっちゃと思いながら)して、リクエストが終了していたのですが、

p

あら、こんな画像がでてきました。

「自動車のタイルをすべて選択してください」とあります。が、

自動車のタイルをすべて選択してください」と読んでしまった私。なにを焦っていたのでしょうか。

p1

頑張って、すべて選択してしまいました。「これでよし!」と思いきや、

fetch1

また出てきました(当然ですけど)。

また頑張ってチェックします。

fetch2

こんなのや、

fetch3

こんなのや、

fetch4

こんな画像が出てきてしまいます。

fecth5

その後、頑張ってすべてチェックすること5,6回。

「ハアハア、これは、終わらないパターンでは?」

「なにかgoogle先生の癇に障ることしたかしら?」

「ちょっと時間を空けてまたトライしてみよう」

と、自分の勘違いに気が付かなかったのです。

再度勘違い

その後、Fetch as Googleにリクエストを送信できないままでは、私の書いた記事はなかなか陽の目を見ることができず、

もったいないと思い再チャレンジ。

もう一度、問題を読んでみます。

『自動車のタイルをすべて選択してください』

(英語でアスファルトのこと、タイルっていうのかな?)と思い、(実際は「asphalt」、そのまんまです)

アスファルトっぽいパネルを選択。

当然違いますので、また先ほどの無限ループに陥ってしまいました。

時間を置いたら気が付いた

再度チャレンジしてみます。

グーグルで解決策を検索しようかな、と思っていたころ、

今度はようやく気が付きました!クイズだったのですね!

私は勝手に「すべてのパネルを選択する作業」と頭で先に思ってしまったのが読み間違えの原因になり、

チェックも間違えたのでした。日本語なのに…。

fetch7

こうして、ようやく正しく画像を選び、晴れてロボットではないことを証明できたのでした。

メデタシ、メデタシ。

チェックひとつで時間を食ってしまいました。

 

反省を今後の糧に

いろいろな人のサイトを参考に、2017年6月から自力でブログを開設し、記事を書いていますが、

ちょっとしたことで、つまづいたりします。

今回のことは、冷静に考えれば、わかった話で、勘違いしたのは私だけかもしれません。

反省の意味を込めて、今後も文章を読むときは、「頭で先に読み過ぎない」ということを注意したいと思います。

読むことに限らず、子どもと話す、会社の人と話す、などでも共通することがあるかもしれません。

・先入観で入ってしまうことに気を付ける

・相手の話をよく聞く

という基本的なことをもう一度見直したいと思った一件でした。

おわりに

「Fetch as Google」を使う人、関係はない人(この記事は読まないか)にも、なにか参考になりましたら幸いです。

お読みいただきありがとうございました。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。