「SWITCHインタビュー 達人達」浅田真央&望海風斗 




浅田真央➡︎望海風斗

NHK Eテレ:「SWITCHインタビュー 達人達」

浅田真央ちゃんと望海風斗さんの対談を観ました。

本当にもう胸がいっぱいで興奮しております!

素晴らしい番組をありがとうございます!

いきなり望海さんのワンスのステージが出てきてドキーンとしました。いい声、いいお顔、いいお姿!

地上波で見るのはまた違った興奮に包まれます。

まずは真央ちゃんが東京宝塚劇場で『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』を観劇したあと、望海さんにインタビューする形でした。

望海さん、パリッと男役スタイルで登場してかっこいい!真央ちゃんの手を取るところが紳士でしたね。ステージ裏を案内するのも貴重な映像でありがたかった。

真央ちゃんの感想や質問ひとつひとつが、そう!それ聞いてほしかったの!ということばかりで嬉しかったですね。

インタビューお上手!

「風斗さん」呼びにもキュンとしました♡

 

真央ちゃんの質問から、あらためて望海さんが組の皆さまから愛されていることがわかって嬉しかったです。

豆まきもやってたんだ…「おにわーんすあぽーん」とかそういえば挨拶で言っていたような。

 

真彩さんとのキスシーンも聞いてくださって…ごちそうさまです(*^^*)

一幕終わりの失恋の場面を放映ありがとうございます。振られてもかっこいい。たしかにその通り!

 

デュエットダンスはもちろん、技術的なこともあるでしょうけど、「ストーリー」を大切にしていると。素敵だなあ。

 

望海さんはいろいろすごすぎて、うっかり「完璧」と思ってしまいそうだけど、人間だから失敗もある。観客には気が付かないミスかもしれないけど、長い舞台生活の中ではいろいろあったようです。

 

その精神のリカバリーにフィギュアスケートからヒントを得たというのは以外でした。

フィギュアは紙一枚のズレで”大失敗”になってしまうほど繊細な競技。

でもそこからいかに巻き返していくかを、望海さんは学んだのだそう。

思った以上に宝塚とフィギュアスケートは通じるものがありそうです。

紳士かつ真摯に、真央ちゃんの質問に答える望海さんの表情が印象的でした。

望海風斗➡︎浅田真央

さて、インタビューを「Switch」して、今度は真央ちゃんのいるリンクへ望海さんが向かいます。

コロナの影響でいろいろ延期になってしまって、真央ちゃんも葛藤があったろうなあと思います。

この番組制作も予定が変わって、きっと苦労されたのだろうなあと思うと感謝しかありません。

 

真央ちゃん、プロになってから構成から演出、照明や衣装も考えて自分がチームリーダーとなってショーをされているのですね。

引退後、スケートからしばらく離れていたけど、また再び戻ってくれてよかった。スケートを嫌いにならないでよかったな。

真央ちゃん真央ちゃん、とか言ってしまっているけど、非常にハキハキしてメンバーの皆さまを引っ張っている姿を見ると、プロフェッショナルだなあと感心しました。

ちなみに現在29歳なのですね!びっくり!

しかも個人的なことですが息子と誕生日が一緒ですわ。ということは9月で30歳なのね。ひょええ。いつまでも可愛らしいから、なんだか驚きです。

でも氷上り降り立ち、音楽が流れると、別人のよう。

「蝶々夫人」本当に美しかったです。

それを間近に見つめる望海さんの横顔も美しかった。

 

「伝説のフリー」と言われたソチオリンピックの演技、私もテレビの前で息を飲んで応援していたのをよく覚えています。望海さんのように正座ではなかったけど。

ジャンプがキマるたびにパズルのピースがはまるような感覚ってすごいなあ。それはきっと真央ちゃんにしかわからないのだろう。

真央ちゃんにとって、

「オリンピックは夢をくれるところでもあるけど、残酷な場所でもありました」

という言葉はグッとくるものがありました。

人生をかけて積み上げたものが、オリンピックの数分で終わってしまいますからね…。たしかに。

それが必ずいい結果が出るとも限らないし。

 

真央ちゃんの場合、超有名人ですから勝敗によるマスコミの持ち上げられ方など、リンクやリンク外でも想像できない多くの困難があったものと思います。

 

失敗はそりゃめげる、でも前へ進まなくてはならないから立ち上がる。

その労苦を感じ取り、前へ向かう姿に心震えたからこそ、望海さんはご自身の探求していた「男気(漢気)」を掴むことができたのでしょう。

 

オリンピックはそんな残酷な場所でもあるけれど、でもやはり夢をくれる場所でもあり。

 

一方、休演は個人の失敗とはまったく別物で、それゆえに無力さを感じてしまうかもしれません。

 

それでも再開を楽しみにしているのは望海さんも真央ちゃんもファンもきっと同じ。

 

再開をイメージしてみれば、絶対うれしい。舞台に立つ、という目標があるから、今頑張れる。

そんな望海さんの目が輝いていたのが印象的でした。

‪望海さんも真央ちゃんも、質問する側からされる側になると、憧れの目からプロの顔になるのが印象的でした。‬

道を突き詰めたからこそわかるものがお互いあり、それがリスペクトを生んでいるのだなあ。

望海さんも真央ちゃんも、早くまばゆい光を浴びられますように。ファンに光を届けられますように。

 

あっ、今回の放送、もし録画しそこなってしまわれた方、再放送ありますよ~!

8月15日(土)00:00~00:50です。金曜日の夜中ですね。

ではまた。ありがとうございました。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。