「カンパニー」②気になったところなど




「カンパニー」は好きですよ

こんにちは、オリンピックや各世界選手権などスポーツ観戦(ほぼテレビ)が好きな、はぴごろもです。

さて、月組「カンパニー」ですが、全体として私は楽しくほっこり観ることができて良かったです。

「カンパニー」DVD感想①それぞれの人生、一つのカンパニー。

ただ現代物であるだけに物語が実生活に入ってきます。

異なる時代や空間の作品でしたらその時代を生きているわけではないので虚構でもファンタジーとして楽しめます。

そのあたりはどうしても現代物を扱う難しさかもしれません。

それをふまえても、少し気になったことをネタ的ですが挙げてみようと思います。

批判するつもりは全然なくて、私の個人的に感じたことを思い出しつつ、つらつらと書こうかなと。

でも気になるかたはご注意下さい。

毎度今頃ですのでいろいろと他の方とかぶるところがあるかと思いますがご容赦くださいませ。思い出し書きの為順番やセリフが異なる場合がありすみません。

気になったところ

呼び方がマイマイ・ユイユイ

マラソンアイドルとして売るための呼び方か単なるあだ名か不明でしたが、社会人と思うとちょいと恥ずかしいような。(これは原作らしい。以下は原作か否か原作を読んでいない為わかりません)

金メダルを目指すアスリートが予定外の妊娠

ペルーでの厳しい高地トレーニングを乗り越えたのにまさかの妊娠。

あらゆる厳しい管理意識があるはずのアスリートがそこを管理できなかったのか。

「孕ませたのは…」

表現が宝塚としてはストレート過ぎるかなあ。あと、トレーナーは落ち着いていて欲しい(一般的に。作品としてはいいけど)感情的になり過ぎてあまり体を任せたくはない気がする。

責任を取って引退

マラソン界は母親になってからも復帰して第一線で活躍する人もいます。

前回記事をご参考に。

【女子マラソン】ママでも優勝!ポーラ・ラドクリフの驚くべき業績!

トレーナーならば復帰して恩返しする方法もあるよと選手に伝えたいところでは?

「金メダルは誰かのー、この子の母親は」(うろ覚え)の対比の表現がしっくりこない。

序盤で一回終わった感

青柳たちが「カンパニー」といい感じに歌っていいカンパニーだったなあ、ってうっかりなってしまいそうだが実はまだまだこれから。

世界のプリンシパルが警戒心が低い

グラビアアイドルにやすやすと部屋に入らせてしまう。寝ぼけはリスクが高い。とりあえずアイドルの所属事務所に強く抗議せねばまた被害が出そうな気もする。

ギックリ腰はすぐ治らないのでは

高野のギックリ腰の回復力にはビックリ!たしかにトレーナー要らないかも?

高野の舞台の為、クビになるのを回避のため、それよりも

私がトレーナーならばギックリ腰で辛そうな高野の「今」の状況をまず緩和させたい。

「外国人横綱のよう」

その例えを出す意味はなんだろう。あまりいい意味ではない表現の例えが外国人横綱なのはどうなのかな?

あと、ネタかもしれないが全体的に例えが多くて自分の思考が道草食ってしまいがちになってしまう。

相撲ネタが多いような。

「日本人は日舞を踊っていればいい」

欧米の観客は素晴らしいものが見られるなら国籍は問わない人の方が多いと思うのですがどうでしょう。

「ライバルは幽霊」

奥様は青柳に愛された人生だった。幽霊ではなく神さまのような存在になったのでは。現世で太刀打ちできるものではないという表現をしたいのだと思うがうーむ。

「ボディビルダーのようになるな」

私はボディビルダーの大会を観に行ったことがあるのですが、本当にすごい。

ゲストで日本一の鈴木雅選手のパフォーマンスを見たりお話も聞いたりしました。

競技用の過酷なトレーニング・食事・プロテインなど事細かに決められたプランをクリアしていかなければ到底あの体になりません。

おそらくインナーマッスルではなく外側の筋肉の方を使ってしまうと筋肉が肥大しやすい。それがボディビルダーという表現として例えられたのだと思いますが。

ボディビルダーが聞いたら抵抗あるセリフなのではとハラハラ(あまりいないだろうけど)。

「観客のいない試合なんて」

青柳は会社員をしながら空手や柔道の大会に出たようですが、バレエやバレエの観客とはまた違います。

武道の試合は「死合い」でもあり、自分と相手との一対一の戦いです。1本取られればその場で去らなければなりません。

会社員の私なんぞも空手の試合にいくつか出ましたが、観客というより自分の稽古の成果を試したいがため、自分を応援してくれる人のためでした。

地方の大会から東京体育館や府立体育館などの大会でも観客がいるいないという意識はありませんでした。なのでちょっと違和感。

青柳さんは柔道着?

細かいところでどうでもいいのですが、フラッシュモブ(これも違う気がするが)青柳は空手のパフォーマンスをするのに多分これ柔道着なのかなと。

空手着の方が薄いのでダンスするには適しているかな。(余談ですが、私は空手着でシティマラソン(5キロですが)を走ったことがあります。)ちなみに空手の人は普通あんなにダンスうまくないが練習の賜物でしょうか。

「あなたの遺伝子」

「あなたのすべて」とか心とかなんか他の言い回しの方が吉なのでは。ひやひや。

トイレに閉じこもる

怪我させたショックでトイレに閉じこもる。幼すぎやしないか?

専務、沖縄へ

因果応報的に沖縄へ飛ばされた表現ですが沖縄の地を左遷の地にされるのは失礼にならないだろうか。

そう思うとバッディの悪党(ヤツ)は月からやって来ればどこの土地の人も気に障らないで済む。

おわりに

そんなこんなで書き忘れもあると思いますがざざっと書かせていただきました。

全体的には月組の皆様の演技がいい。でも原作または脚本がちょいちょい気になる、と言った感じ。

アスリート、その道のプロに対するリスペクトがちと危うい。

女性にとって気になる人も多いのではという表現。

会社員に関してもそういえばあるが書ききれない。

あ!あとビートルズも!

まだまだあった気がする。思い出したらコッソリ追加するかも。

いろいろ書いてしまったのですが、でも「カンパニー」好きです(^^)

オーケストラによるクラシックの曲、バレエも楽しめます。

場面の転換も好き。

また観たくなってしまう自分がいる。

好きだけどこんなところが気になりましたよ、という話題でした。

長くなりましたが、お読みいただきありがとうございました。

↓よろしければ(^^)

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。