【早霧せいな】年齢など基本情報や魅力について




早霧(さぎり)せいなさんについて

こんにちは、早霧せいなさんが大好きな、はぴごろもです。

4月19日、NHKあさイチで初めて早霧せいなさんを見て、関心を持ったかたもいらっしゃると思います。

https://twitter.com/woman_2018/status/986551098679808000?s=21

https://twitter.com/woman_2018/status/986773707921145856?s=21

今回は、「早霧せいなさんが気になる!」「早霧せいなさんってどんな人?」というかた向けに早霧せいなさんの基本情報と魅力などについて書いてみたいと思います。

基本情報

(芸名)早霧せいな

(本名)非公開

名字は下記の妹さんと同じです。

(生年月日)9月18日

年齢は公式サイトでは掲載されていませんが、朝日新聞夕刊、また他のメディアでも掲載されました。

早霧さんご本人もラジオ番組で間接的に話したことがあるのでいいとは思うのですが、公式サイトに記載されるまでは控えたいと思います。すみません。

ただ、下記の妹さんが年齢を公表していますのでそれより少し上ということになります。

(出身地)長崎県佐世保市

(血液型)AB型

(身長)168cm

宝塚の男役としては小柄でした。

(愛称)ちぎ、ちぎさん

名字から由来しています。

(著名な家族)千北英倫子(ちぎた えりこ、1982年10月18日)フリーアナウンサー

宝塚歌劇団のスターの方々にインタビューするお仕事もされています。(2007年には早霧せいなさんにも)

ウィキペディアによると、千北英倫子さんの愛称は「チギタン」となっています。

(宝塚時代の相手役)咲妃みゆ(さきひみゆ)愛称は本名から「ゆうみ」

2018年、テレ朝「越路吹雪物語」に出演したほか、コンサート、舞台と活躍の場を広げています。

ジャニーズの風間俊介さんと朗読劇をすることも発表されました。可愛いです。

9学年差がありますが、夫婦漫才のようなコンビでの軽妙なやりとりが人気を呼び、二人合わせて「ちぎみゆ」と表現されています。

早霧せいなさんの魅力について

作品に熱い情熱を持って取り組む姿勢はまさに「宝塚の松岡修造」と言われました。

色白で華奢なのですが、運動神経抜群!

「ルパン三世」を演じた時は見事な跳躍を見せました。

現在は退団後初のミュージカル「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に向けて稽古の日々であると思います。

https://twitter.com/woman_2018/status/984244172872794112?s=21

カッコいいですね!

早霧せいなさんは宝塚音楽学校に合格した時には国立大学も合格していたほどクレバーなお方。

ユーモアもあり、センス抜群のトークでファンをグイグイ惹きつける魅力があります。

早霧せいなさんの魅力は書ききれないのですが、また情報や魅力を追記したいと思います。

簡単ではありますがこの辺りで。

早霧せいなさんについては一番多く書いていますので、是非他の記事もご覧頂けると嬉しいです。

ありがとうございました!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。