WOWOWちょこっとふり返り+「お見逃しなく」




宝塚プルミエール放送

WOWOW宝塚プルミエールの放送が9月30日にありました。

ご覧になった方はとても楽しめたのではと思います。

私は始まる前に6記事(+そういえば小説も)ほど書いて勝手に盛り上がっていたのですが、

まだ見れていないのです(←諸事情で。残念ながら)。

それでも、断片的ですが少し観ることができました。

放送後に何も書かないのもなんですので、前に書いたことを思い出しつつ、

断片的な情報だけで想像して「よかったな」と思ったことをいくつか書こうかと思います。

もしそれでもよろしければお読みくださいませ~。すみませんねえ。ほんとに。

早霧せいな退団スペシャル

キャンピングカー運転

ちぎさんの運転。キャンピングカーの運転は初めてではないかと思うのですが、スムーズな運転。

素敵です。

そういえば、女性でキャンピングカーを運転しているのを見たことがありませんね。

 

助手席からちぎさんの運転を見たら、即ノックアウトでしょう。

岩場からとび込む

ちぎさんはジャンプが得意ですので、なんとなく飛ぶことが好きかなと思っていました。

以前の記事の中でちぎさんのやりたいことを想像したとき、スカイダイビングとバンジージャンプを入れておいたのですが、もうとびましたね!

水も滴るいい男、いや、女?

あなたは岩場からとび込んだことはありますか?

私は中学生のころにとび込みましたが、結構高く感じるんですよね。

今は怖くてできなさそう。

足がすくんでしまいます。

ちぎさんはやはり度胸がありますね!

えりさんもナレーションのテストの時、話すのを忘れて魅入ってしまったという、のっけの「衝撃映像」は予想通り、飛び込み映像でした。

全身びしょ濡れでお見事でした。

ピザのテーマ

ちぎさんのトッピングしたピザのテーマは「山と海」。

ちぎさんの右手に富士山、左手に駿河湾の図が素晴らしかろうと想像しましたが、ちぎさんがピザにそのイメージを表してくれて嬉しかったです。

おそらくこんなイメージかと

 

葛飾北斎

東海道江尻田子の浦略啚(とうかいどうえじりたごのうらりゃくず)

地域へのリスペクトもあるかなあと思い、勝手に「さすがちぎさん!」と思いました。

誕生日ケーキ

私は大ちゃんの手作りかな?と書いてしまいましたが、正解は、がおりさんでした。

自分の手作りを「いい話」とは言わないですよね。考えがもう一歩足りませんでした。

 

それにしても、誕生日のために手作りケーキのプレゼントとは素敵!

愛のある、いいお話です。

「宝塚への招待」『La Esmeralda』ちぎみゆ副音声

臨海高速鉄道りんかいライン

なぜか映像とはまったく関係のない話になります(笑)。

 

りんかいライン。

英語のアナウンスだと

「Rinkai Kosoku Tetsudo Rinkai Line」

になるらしい。

ゆうみさんが東京に来て覚えた(?)言葉。よくこの路線を利用するのでしょうか?

それともちぎさんとお台場デートした時の会話を再現してくれたのでしょうか?(←妄想です)

ゆうみさんがユニバーサルミュージックに所属が決まったときに書いた記事の中で、英語が楽しみ、としましたが、予期せぬところでゆうみさんの英語の発音を聞くことができました。

「L」と「R」が入り、多くの日本人にとっては発音が難しい。

ちぎさんも一生懸命言おうとしてかわいい。

そして流れるようなゆうみさんの

「臨海高速鉄道りんかいライン」とともに。

夫婦漫才ですねえ。

近日、りんかいラインからもCMの依頼が来るでしょう。

着ボイスにしても良さそうです。

「お見逃しなく!」

まもなく放送開始のお知らせをする時。

ちぎさんが仕切って話しをまとめます。

 

二人のどんなドタバタトークが飛び出すのでしょうか。

 

お見逃しなく!

さてこのまま終わると思いきや。

 

ゆうみさんにも振るちぎさん。

このまま終わろうとしたゆうみさんは、

 

ひええ、お見逃しを〜

 

はいはい、そうはいきませんよ。

ちぎさん、カメラ目線のまま、即座にゆうみさんの肩と腰を確実にキャッチ。

 

ここから速いです。

体の要、腰を捉えてしまえばちぎさんが完全にコントロールできます。

 

「ギュン」効果音と共に一気に引き寄せます。どさくさに紛れて(?)先ほどより近くなりました。

 

ゆうみさん「お見逃しなく」

綺麗にきまりました。

ちぎさんのサービスに感謝です。

おわりに

放送をしっかり見れておりませんが、できる範囲で書いてみました。

ツイッターが盛り上がって、皆様のツイートを読むのが楽しかったです。

参考にもさせて頂き感謝です。

またのちのち、しっかり番組をみることができれば、書きたくなるかもしれません。

当ブログのWOWOWシリーズは一応この辺りで終了しますが、また新たな企画があると嬉しいですね。

お読みいただきありがとうございました。

↓励みになります(^^)

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。