宝塚ファンの規律正しさを思う(関ジャニ大倉忠義さんの「そろそろ限界」を読んで)




こんにちは、はぴごろもです。

ジャニーズ事務所の関ジャニの大倉忠義さんが、一部ファンによるストーカー行為に悩まされて、苦しい胸の内をブログに書いたという記事を見ました。

ネットで文面を拝見しましたが、精神的にかなり追い詰められていると感じました。芸能界に疎くて大倉さんのことは存じ上げないのですが(関ジャニというグループ名はかろうじて知っているけど)文面を見る限りすでに限界を超えている気がします。

事務所も再三注意喚起をしているのだそうですが、効果は薄く、行き過ぎた行為は頻発しているようです。

困ったものですね。タレント本人もルールを守る多くのファンも辛いですね。

ジャニーズの体制のことはよくわかりませんが、警備の強化、ルール作り、悪質な行為には適切に対応にして、良い環境になることを願っています。

そう思うと宝塚には暗黙のルールがあって、多くのファンがしっかりルールに沿って行動できているなあと感心します。

宝塚を知らない人にとっては、入出待ちなどびっくりするほど規律が取れていて怖いくらいかもしれませんが、その昔はいろいろあったようですし。数十年前ですが、新聞記事にもなった事例があったなと思い出しました。(入出ではなく住所の情報の件で)

そうしたいろんな反省を活かして細かく独自のルールが作られていったのでしょうね。大事な大事な生徒さんを守るためですね。

ファンが規律を守り安心できる環境が整っていれば、ジェンヌさんもファンの前まで来てお手紙を受け取ったり手を振ったりするのも可能ですね。一回のルール違反でそうしたサービスを中止することもあり得ますので、ぜひ守られて欲しいものです。

あとは入出の写真をSNSなどネット上にアップするのは禁止されていますね。それにより入出の写真撮影そのものが禁止になる可能性もあるのではと思いますので、こちらも守られて欲しいと思います。

公式に許可されているもの、提供されるもの以外はグッと我慢ですね。

著作権や肖像権など法律やルールを守ることは出演者や劇団を守ることでもあり、それはファンの楽しみを守るためでもあります。

これからも宝塚を楽しめるよう、ぜひ良い環境が守られますように。。。

お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。