望海風斗×真彩希帆「ひかりふる路」「今」にうっとり~制作発表会より~




『ひかりふる路 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』

新生雪組の大劇場お披露目公演「ひかりふる路」がいよいよ11月10日から始まります。

あらためて制作発表会のムービーで歌を聴いたのですが、素敵ですねえ。

発表から日が経ってしまいましたが、もうすぐ開幕、ということで書いてみたいと思います。

(宝塚HPと「シアターガイド」を参考にしました。)

だいもんさん、まあやさんの制作発表会より

全曲フランク・ワイルドホーン氏が作曲されたということで、嬉しいです。

物語全体の統一感も出るでしょうし。

氏は、「私の作る曲は必ずしも歌いやすいものばかりではなく」と仰っていて、一般的にも総じて難曲と言われています。

希望コンビはどのように歌うのでしょうか。

「ひかりふる路」

今回の新曲「ひかりふる路」はだいもんさんの声を聴いてから、インスピレーションとともに出来たそうです。

そして、

「最初から”自分の音楽がこのように聴こえたら”と望む形どおりにおふたりは歌ってくれています。これは私にとっても、とても珍しい体験なのですよ。」(宝塚HPより)

と仰っています。

すごいことですね。

「だいもんさんの声は私には男役の声という感じがしなくて、自然なご本人の声のようで、とてもいいなと。」

また、まあやさんについても「クラシックというより現代的なソプラノ」と。

「お二人ほど歌える人だと”男役だから、娘役だからこのくらいのキーで”などど意識する必要はまるでない」

とも仰っています。(「シアターガイド12」より)

ワイルドホーン氏がインスピレーションで作った最高の曲を、歌い手のキーに調整する必要がない、ということは最高の曲のまま聴けるということ。

素晴らしいです。

「ひかりふる路」、私は音楽の知識がほとんどない素人ですけど、それでもこの曲の難しさはちょこっと想像できます。

繊細さとダイナミックさを兼ね合わせた曲、転調もありますし、歌詞を曲に載せるのもすごいなあと思うところもありました。全体としてやはりハートにグッとくる。だいもんさんのために作られた作品、そのテーマソングとして堂々の歌いっぷり。

「オープンに、自然体で歌ってほしい」と氏から言われたそうで、「”難曲に挑む”というより、素直に感じて歌えば、導かれるように力を出せる曲なのかもしれない」(シアターガイドより)とだいもんさんは感じたそうです。

いかに役として「自然に」歌えるか、曲を全身で感じて歌うことが重要なようです。

「今」について

「今」という曲もとても素敵でした。

だいもんロベスピエールが理想を求める中で尖ってしまう。光から闇に転落。理想から現実へ。そこでまあやさんと出会う。革命の犠牲者としてのマリー・アンヌ。理想のアンチテーゼとして。

マリー・アンヌはロベスピエールと出会うことで、過去から「今を生きなければ」と気付く。

そうした物語の中の重要なターニングポイントの時に歌われるのではないか、と思いきや、序盤に歌われるそうです。

出会った瞬間の「今」でしょうか。

いやあ、それにしてもお二人のハーモーニーが素敵。

だいもんさんも、「真彩ちゃんと歌うことで、思ってもみなかった声や力が出せるんだなって感覚がすごくある。」と。

いいですねえ。まさに「デュエットの醍醐味」

「何が起きるか分からない」余白もあり、毎公演ワクワクさせてくれそうです。

ワイルドホーン氏演奏の曲

制作発表会では、もう一曲、題名と歌詞がついていない曲がワイルドホーン氏のピアノにより披露されました。

この曲がまた叙情的でとても惹きつけられます。

激動の時代、自分の理想と現実、抗えない運命、なんだかいろいろな場面を想起させられます。

心に沁み入る名曲になりそうです。

物語のテーマ

理想と現実、貴族と平民、愛と死といった概念の対立がテーマの物語だそうですが、だいもんさんが「明暗両面を表現しうるスター」であるから、と生田先生が仰っています。

まあやさんについても「エネルギーの相克をストーリーに盛り込みたい」としています。

(相克 そうこく:対立・矛盾する二つのものが互いに相手に勝とうと争うこと)

現実では体験できない時代、歴史以上にドラマチックな場面、それにまつわる感情の交錯。そして概念のぶつかり合いから生まれる恋。

舞台からものすごいエネルギーが発せられそうです。

おわりに

希望コンビ、そして今の雪組だからこそ生み出せる作品。

ワイルドホーン氏の素晴らしい楽曲とイメージを体現しうる表現力。

新生雪組の大劇場お披露目にふさわしい、素晴らしい作品になると期待しています。

お読みいただきありがとうございました。

↓よろしければお願いします~(^^♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。