【早霧せいな&咲妃みゆ】「華燭の典」(結婚式)画像を愉しむ




ちぎみゆ結婚式

早霧さんと咲妃さんは、お芝居やショーの他、舞台を降りてもラブラブだったり、漫才だったりで、「ちぎみゆ」コンビの様々な魅力を発揮し、ファンを魅了させてくれました。

退団されてしまい、寂しさはあるのですが、お二人とも新たな道をすでに発表。今後の活動も本当に楽しみです。

さて、前回のブログでは、「ちえねね」のインスタグラムにスポット当てました。

「コンビっていいなあ」とあらためて感じつつ、「ちぎみゆでも今後も見せてくれるといいなあ」

と思った私。

そこで、今回はちぎみゆの結婚式の画像を振り返って幸せに浸りたいと思います。

勝手ながら、「結婚式」に見えなくもない、むしろ「そう思いたい」という画像も含まれています。追記、画像は残念ながら都合で削除しました。

「華燭の典」

ところで、結婚式を祝していう語で「華燭の典」(かしょくのてん)という言葉があります。

「華燭」とは宴の席上の灯火の意味。縁起の良いもの、華やかな宴の事。転じて「結婚式」のことを祝していう言葉になったのだそうですが、そんな華やかで素敵な言葉もぴったり合ってしまう、早霧さんと咲妃さんだと思います。

では、よろしくお願いします。

『伯爵令嬢』

まさに結婚式です。真っ白のウエディングドレス。ゆうみさんのティアラも素敵です。

 

早霧さんは、原作ではなかった結婚式が宝塚バーションでは、最後が結婚式で幕を閉じたことに関して、

「アランにとっても私にとってもすごく嬉しいことだなって」

と言っています。

ゆうみさんは、恥ずかしくなってうつむいてしまい、なんとか「…しあわ…せ…」と。

いやあ、こちらこそ幸せです(ほのぼの)。

ゆうみさんお姫様抱っこされる

お姫様抱っこ、いいですね!

笑顔から嬉しさが伝わってきます。

 

「るろうに剣心」千秋楽ラスト

千秋楽のラストのシーンですが、この手つなぎは、早霧さんのアドリブだとか。

そういうのを耳にすると、たまりませんねえ。

 

「タカスペ2014」①

ゆうみさんの表情。「東京へ行きたいな」と歌っていますが、「どこへでもどうぞごゆっくり行ってらっしゃいませ」

と思ってしまい、ほっこりです。

 

「タカスペ2014」②

合同結婚式のようです(笑)。

距離がいいですね!

ゆうみさんの表情が本当にかわいいです。

 

元日の雪組トップコンビによる鏡開き

このような場面も結婚式の三三九度に変換できる柔軟な脳で良かったです。

 

ちょっと神妙な面持ちに見えるのがいいですね。

ラストデュエットダンス

美しい、のひとことです。

 

素晴らしい世界を作り出してくれた早霧さん、咲妃さんに感謝です。

おわりに

お楽しみいただけたでしょうか?

あらためて見て、ちぎみゆコンビはいいなあ、と思います。

幸せなときをありがとうございます。

ということで、書いていて幸せな時間でした。

お読み頂きありがとうございました。

応援、いいね、リツイートして頂けると励みになります。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

人気ブログランキング










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。