ちぎみゆが会うと嬉しいお話




遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

家族そろって新年を迎えることができてありがたいです。

ちなみに私の父が11人兄弟で母が10人兄弟、いとこが30人(推定)で毎年何かしらあってしまうので、ネット上や会社や友人など関連しないところは基本的にもういつもおめでとうにしています。

 

お正月に息子とすごろくをしたのですが、下の息子がごろごろ転がってきてコマがどこかに行ってしまい、なかなかゴールできず。すごろくって難しいわ…

賀茂川の水、双六の賽、わんぱく坊主はわが心にかなわぬもの…なんてね。(本当は白河天皇「加茂河の水、双六の賽、山法師、是ぞわが心にかなわぬもの」 『平家物語』より)今だけですからまあいいですけどね。(その後すごろく100回くらいやりました)

 

そんなこんなで日本の将来は少子化の影響で人口が減り続けるとみられています。そうした中で売り上げを伸ばしていかなけばならないのも大変です。大劇場の定員は決まっていますので、魅力的なものをライブビューイング・テレビやネット配信で海外を含め展開しているのはなるほど素晴らしいなと思います。おかげで私も細々とながら楽しめています。

昨年、阪急阪神ホールディングスは、売上は伸ばしたものの、天災による影響が企業の純利益を押し下げてしまったようです。利益ばかりではありませんが、日ごろ平穏無事がどれだけありがたいことか。今年は大きな災害がありませんように…

 

さて、私の大好きなちぎみゆの話題ですが、新年早々お会いできたそう。嬉しいですね!早霧せいなさんは日本武道館で行われた清水ミチコさんのコンサート(ライブ?)に行かれたそうです。

岡本寛子さん(宝塚歌劇団演出部に所属されていたこともあるお方)がご一緒に行かれたそうで、ツイートにちぎみゆきた〜、きたちぎみゆ〜、ちぎきたみゆ〜⁉︎

 

いえいえ、「シミチコチルドレン」の皆様だそうです。岡本寛子さん(現在は演出、脚本、餅つきなどなんでもされるらしい)のインスタによると、早霧せいなさんはシミチコチルドレンの隊長であり、ファン歴長めだそうです。

前回も行ってますもんね。大好きなんですね❤️

そんな大好きな清水ミチコさんのコンサートに今年は咲妃みゆさんも連れて行くってどうですか!最高ではないですか!

きっと一昨年のちぎみゆ観劇&スケートデートあたりで、今後の予定をお話するときがあったわけですよ(注:妄想始まってます)。

ち「年末は清水ミチコさんのライブに行くのよ。もうメッチャ楽しみ!」

ゆ「わぁ〜〜、いいですねえ!よろしければ私も是非ご一緒したいです〜〜!」

ち「チケットが激戦だけどね。次回一緒に行く?あ、でもゆうみちゃん、お正月は宮崎帰ってるでしょ?」

ゆ「あ、はい。でもちぎさんが楽しみにされているライブにご一緒できるのでしたらお日にちを合わせますのでぜひ…」

ち「うん、じゃ、そうしよう!」

ゆ「はい!💓」

てな感じでお話が進んだのかは知る由もありませんが、ゆうみさんは今回は「かなり短い帰省」だったのだそう。この予定があったからですね。きっと。

ちぎみゆお二人のSNSからは毎度律儀に報告があるわけではないので貴重でしたね。でも、このたまに他の方からの投稿で知ることができる嬉しさですよ。ちぎみゆが連絡を取ったり時々会っていると思えたりするだけで結構嬉しい。なんなのでしょうね。この気持ち。多分これが「ちぎみゆ好き」なのでしょう。

そうそう、ゆうみさんは短い帰郷でしたが、ご実家の近くの海を眺める横顔が素敵でしたねえ。(咲妃みゆさんのブログより)

この海で特技であるボディボードもされたのでしょうか。そんなアクティブなゆうみさんも見てみたいものです。

前の話になりますが、私の夫が宮崎県に出張したことがあったのですが、宮崎県は広いですから特に宮崎県のどことまでは聞かなかったのです。その後お土産のお茶の生産地をふと見たら「高鍋町」と。聞けばゆうみさんの故郷である高鍋町に行ったというではありませんか。あらびっくり。海が近く、のどかなところのようですねえ。お茶も美味しかったです。

では、またちぎみゆが今年も夫婦漫才してくれますようこっそりと期待を抱きつつ終わりにします。

今年も良い年になりますように。

お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。