【壮一帆 気分SO快!】咲妃みゆ2回目。名言など。




【気分SO快!】咲妃みゆ2回目

10月25日24:00より気分SO快!のラジオ放送がありました。

前の週に続き、咲妃みゆさんがゲストでした。

お聴きになれましたか?

今回も本当にゆうみさんがかわいかったです。

お二人のトークが面白く、内容も盛りだくさんでした。

今回は、お話の内容をどんどん書いていこうかなと思います。

(今回は録音できておらず、メモと記憶と情報からです。言葉はニュアンスの場合があります。)

内容

北海道旅行

インスタにも紹介された道東旅行のお話。

同期の蒼井美樹さんと真地佑果さんと3人でのご旅行だったそうです。

ご家族かな、と勝手に想像していましたが、同期との予定はつめつめでの旅行。

旅行中、ちぎさんとお互いの観光写真をやりとりしていたらいいな、とこれまた勝手に想像。

「シーカヤック」に挑戦したそう。ちぎさんのラフティングを思い出しますね。

こちらもロケだったら、いい絵が撮れたことでしょう。

妹さんを溺愛

ゆうみさんが「溺愛」しているという妹さんもさぞかわいいのでしょうねえ。

ツアコン志望だった

英語を活かし海外旅行もできると思い、ツアーコンダクターを夢見る。

芸事のめざめ

幼少のころからお母様に宮崎でコンサートなどが開かれるときに連れて行ってもらっていたのが下地。

きっかけは福岡での劇団四季「ライオンキング」を観てから。

それからミュージカルに没頭したのだそう。

(「ラインキング」は私も観たことがあります。(奇跡的に最前列で)感動しました。ワクワク感がとまらなかったです。)

高校が進学校の為、勉強or芸事か迷ったそうですが、宝塚を選んでくれてよかったです。

「自分らしく」

退団を控えたえりさんから、「ゆうみちゃんはゆうみちゃんの良さがあるから自分らしく」「ちぎちゃんとしっかり見つめて」と背中を押された。

えりさんは覚えていなかったが。

なぜか月城かなとさんもいた、という状況は辛うじて覚えていたとのこと。

SNS

いろいろな人に後押しされて始めたそうです。

これは想像通り。

「時間を掛けて」、「相談して」書くのだそう。

前回更新した拙ブログの記事で、書いたり確認したりでゆうみさんのブログは時間が掛かっていると思う、と書きましたが、その話も出ました。

その時、私は書き忘れてしまいましたが、書き始める以前の段階でも時間が掛かっていると思います。

・何を書くか

・どんな文章を書くか

・画像の選定

これらを大体決めてからの書き始めとなるかと思いますが、これらを決めるまでが結構大変かと思います。

・タイトルを確認

・投稿時間はいつが良いか。(LINEメール含む)

最後に然るべき人に確認してもらってからの投稿。

という流れでやっと投稿になるかな、と。

メールも小説レベル

えりさん曰く、長文で小説のよう。

じっくり読ませてもらっていると。

かわいいスタンプを使用。(ちぎさんとは違う)

インスタではいっそのことゆうみさんに五七五を勧める。

(私はほとんどゆうみさんとは共通点がないかと思っていましたが、小説、五七五、ブログ、共通点ありました〜〜)

東京

名言「東京とお友達になりたい」。

自分の足で巡りたい。

グーグルマップ利用。

タンゴのすべて

初レコーディングのお話。

仮録音の時は声が頑張りすぎ。

(私はこのバージョンも好きですが)

えりさんはゆうみさんの声が好き。

「自分がやりたいことをやってるゆうみちゃんが見たい」

えりさんの名言。

同意です。

ゆうみさん、思わずマイクをギュッと握ってしまいました。

アンジェラアキ「手紙」

高校時代の合唱コンクールの課題曲。

課題曲を超えて大好きな曲に。

ゆうみさんの思春期の揺れる心を支えてくれたのでしょう。

おわりに

今回も盛りだくさんの内容でした。

(ゆうみさんの話すスピードが速くなったし)

それぞれ箇条書きでどんどん書いてみました。

もしかしたらもう一度、全体のまとめ的感想を書くかもです。

※10月29日書きました!

咲妃みゆ2回目感想。〜迷いを越えて〜

お読みいただきありがとうございました😊

感謝です!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。