雪組『ひかりふる路』千秋楽挨拶など




雪組『ひかりふる路』千秋楽!

ライブビューイングでこれまでにないほど感動で震えた『ひかりふる路』『SUPER VOYAGER!』の舞台でしたが、挨拶もとても楽しく、ほっこりさせてくれました。

ちなみに『ひかりふる路』感想はこちらです↓

『ひかりふる路』千秋楽感想!望海風斗雪組の舞台に震えた!

終演後の挨拶などをちょっと思い出してツイッターに投稿しましたので、こちらにもまとめておこうと思います。

退団者は専科のコマさんこと沙央くらま(さおうくらま)さん、

そして夢乃花 舞(ゆめのかまい)さん。

コマさんのお花渡しには同期の龍真咲さんでした。エレガントでしたね。

組長の梨花ますみさんがコマさんと舞さんの卒業にあたりそれぞれの挨拶を代読します。

コマさんからは早霧せいなさんと共演した思い出の言葉がありました。

在団中の17年間のあゆみを感謝の言葉としてすべて詰め込んだような温かな言葉でした。

最後にコマさんが大階段を降りてからの挨拶は簡潔に。シンプルながら17年間の思いが込められています。

晴れやかな笑顔が印象的でした。

 

 

宝塚を「一歩歩けば愛に当たる」と表現したコマさんもまた愛に溢れた人であったと感じました。

望海風斗さんも本当にあのロベスピエールの人?というぐらいギャップにやられました。

天気予報では雨だったのに晴れたのでコマさんと舞さんにお礼を言う望海氏。

でも帰りは晴れて、いやもう夜ですねとかちょっと忘れましたが、とにかく面白かったです。

「すみません」とかも言っていていて可愛かったですね。

 

あと、観る側も体力が要るでしょう(ニュアンス)的なことを望海風斗さんは仰っていましたが、あれだけの渾身の舞台を演じたあと、ノリノリのショーも見せてくれて、それが1日2回あって、それが毎日続いて…

どんな体力ですか!本当に驚き!

望海風斗さんの中にはちっちゃいミニダイモンがせっせと歌ったり、アンプとかで声を増幅させているのかしら、とまあ常人には理解できないほどのとんでもない体力で最高のクオリティを発揮されたこと。

改めて考えてもすごい。こんな人がいるのか…いるのですね。

ここに唯一無二の声を持つ望海風斗さんが!

その歌声・演技に負けない真彩さんも若いのに本当にすごい。

これまで男役はうまいのに女役がちょっと弱い(その逆もあり)ということがあったので、トップが二人ともここまでうまいって宝塚で実はとても貴重だと。私は史上最高品質コンビだと思っています。

ああ、いいコンビだなあ。

ということで今回は千秋楽の挨拶からでした。(コンビのこと書いたら危うく忘れそうに(^^;)

お読みいただきありがとうございました。

↓よろしければ~(^^♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。