『誠の群像』全国ツアーと土方歳三の関係について




『誠の群像』-新選組流亡記-

雪組公演『誠の群像』-新選組流亡記のポスターが出ました。

望海 風斗さんは新選組副長・土方歳三を演じます。

真彩希帆さんは恋人のお雪かと。

時に冷酷なやり方で烏合の衆に過ぎなかった組織をまとめ上げ、幕末最強の集団として新選組の名を世に轟かせる。

滅び行く幕府に忠義を尽くし、仲間達が散った後も最後まで戦い抜いた土方を中心に、それぞれの誠を貫いて生きた人々の姿を描く群像劇。

宝塚HPより)

 

『誠の群像』-新選組流亡記

原案は司馬 遼太郎 作「燃えよ剣」「新選組血風録」より

脚本・演出/石田 昌也

 

この作品は再演なのですね!1997年に星組の麻路さきさん主演だったそう。

「ひかりふる路」の後は日本物と変わりますが時に「冷酷なやり方」はロベスピエールを彷彿とさせるような。

しかし、それで烏合の衆に過ぎなかった組織を幕末最強の集団にまでまとめ上げたのですね。

伝わるところによると、「鬼の副長」と称され実際の指揮命令は土方歳三から発したようです。

赤の色が特徴的なポスターです。

戦火の渦に巻き込まれ血の匂いが漂ってきそうな状況下か。決死の覚悟を感じます。

命を賭して己の「誠」を貫く男の生きざまとは?

スケッチしてみた

先行画像は取り急ぎ描いてみました。

きりっと眉毛がかっこいいです。

しかし描くのは難しい…

本物のかっこいい望海風斗さんと、美人の真彩希帆さんは公式HPをご覧くださいませ。

全国ツアー各地の意味はあるか?

 

ところでワタクシ、観劇は毎度のことながら行けないものの、ツアー先が気になりました。

全国ツアーは大阪府から始まり香川県、神奈川県、新潟県、長野県、宮城県、山形県、岩手県

そして最後は北海道

ふむふむ…

これは土方歳三の軌跡を辿るツアーなのかも?と思いました。

調べてみましょう!

大阪

司馬遼太郎『燃えよ剣』の中で土方歳三と恋人お雪の逢瀬のシーンが大阪にある口縄坂ということです。

香川県

(「大東亜忍法帖」 著者: 荒山徹)の作品の中に「山田一風斎、近藤勇、土方歳三、沖田総司の四人が丸亀を先発した」との文があるようです。丸亀とは香川県丸亀市です。

神奈川県

不明 でも通り道にエピソードがあるかも。

新潟県

戊辰戦争の局面の一つとして北越戦争(ほくえつせんそう)をしています。

現新潟県長岡市にて。

長野県

不明でしたが長野県佐久市にある龍岡城が、五稜郭の形を残しているそう。

(「知恵の雫HP」参考)

宮城県

歳三は仙台に行き、榎本武揚が率いる旧幕府海軍と合流し、仙台折浜(現・宮城県石巻市折浜)を出航して北海道(当時は蝦夷)に向かったそうです。

山形県

新徴組(しんちょうぐみ)の詰所跡があるそうです。(新徴組から近藤勇や芹沢鴨など24名は袂を分かち壬生浪士組を経て新選組を旗揚げする)

歳三のゆかりは不明。

岩手県

宮古湾海戦

土方が逆転の望みをかけて挑んだ戦地・宮古湾(岩手県宮古市)があります。

北海道

箱館戦争

新政府軍による箱館総攻撃が開始され、最期の場所となる。享年35

おわりに

ざざっと調べましたのでまだ不明だったところも実はなにかエピソードがあるかもしれません。
こんな風に考えてみるのも面白いですね。(どうかしら???)
幕末ロマンはどのような作品になるのでしょうか?
でも雪組、皆さん北海道から無事で帰還して下さいね~!
お読みいただきありがとうございました。
↓よろしければ~









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。