「凱旋門」前夜祭ムービーと轟悠出演小川理事長の思い




前夜祭開催される

こんにちは、晴れ女や雨女の人は天気をも変えるほど影響力の強い人だと思う、はぴごろもです。

雨が降る日が増え私の住む地域も梅雨入りが近くなってきました。

「凱旋門」のパララと降る雨は「琥珀色の雨にぬれて」の「音もなく柔らかい雨」とはまた違う雨なのでしょうね。

さて、なにかと話題の「凱旋門」。

5月7日には前夜祭も行われ、様子が公式HPやニュースなどにもアップされました。ムービーも出ました。

わたくし、前夜祭は地元の祭と同じで「前日の夜に催される祭」と勘違いしておりまして、演者は大変だなと思っておりましたら、約1カ月前だったのですね。前には違いございません(^^;

出演者は大変には違いないでしょうけど、これで興味を引く効果はあったのではと思います。

18年前に轟さんの恋人役だった月影瞳さんもゲスト出演され、当時のキスの稽古中、事故チューもあったことを明かし会場を盛り上げたようです。

月影さん、ハキハキして快活で現在でもお美しいですね!

コンビっていつまでもいいなあと思います。当時も轟&月影コンビで素敵な作品を作り上げたのでしょう。

私は時のコンビの織りなす恋愛物語が観たい派なので、いっそのことAパターン轟悠&月影瞳、Bパターン望海風斗&真彩希帆だったら良かったかもなんて思ったり(^^;

やっぱり望海風斗!

望海さんの歌、すごい!おおおおっ!て感じで言葉にならないぐらいうまい。

セリフの言い回しも大好きです。明瞭で間が良くて無理がない。とにかく心地良いですね〜〜。

ああ、もっと聴きたい。

そして真彩さんも美しい姿。美しい声。なかなか難しい役どころな気がしますが真彩さんなら素晴らしいものができるでしょう。

彩風咲奈さんと彩凪翔さんとで暗めのシーン、暗めのスーツでの歌唱。スーツ姿がちょっと新鮮でした。

逆に明るいシーンはあるのな?というかどのくらい出番があるのかな?

望海さんは専科の歌姫:美穂圭子さんからフランス語のシャンソンの歌唱を教えてもらっているとのこと。貴重な方ですね。

専科の轟悠さんは彼女らしい歌と演技だったのでは。ちょっとホッとしました。(ちとセリフ回しが気になりましたが、好きな方はそこも魅力かと)

作品の内容をよく知らないのですが(小説の内容をウィキペディアで読んだ程度)、ムービーを見るに数十歳年齢が離れた恋愛物の話なのかなという印象を受けましたが実際どうなのかしら。

小川理事長の熱意を読み取る

さて、ついでに雪組公演に専科の轟悠さんが特別出演されるということで、もう一度なぜかしらと振り返り。

スパイスさんの記事を参考にさせて頂きます。

小川理事長の制作発表会の言葉で、

2000年に見たときに本当に素晴らしいなと思いました。望海さんが雪組トップになって、この『凱旋門』がやれる時が来たなと思いました。

と仰っています。

○「凱旋門」が素晴らしい作品

○望海さんが雪組トップになったからやれる時期

ということですね。

「凱旋門」は私は観たことはないのですが、素晴らしいとのことですので素晴らしかったのでしょう。

そして望海さんは主役ラヴィックの友人ボリス役です。

ラヴィックは轟悠さんで決められており、轟ラヴィックの友人ボリス役を18年間待っていたという意味かと思います。

「轟悠主役で凱旋門、大劇場で再演」する並々ならぬ理事長の熱意があるのだと感じました。

外向きはそうは言っても実は協賛の意向とかあるのやも、と穿ってみましたが、かんぽさんのサイトには熱いショーの方のポスターのみ掲載されています。

たしかに保険のサイトに怪我や病気を想起させるのは生々しくて似つかわしくないかも?と思うと違う気がします。

18年前に主役だった作品をもう一度主役として演じるのはある意味では夢がある、とも考えられなくはない。

でも「小川理事長の思い入れ」で理解したいと思います。

専科の方が組の主役をやるとなれば当然さまざまな意見があちらこちらで出ることは一ファンでも容易く想像できます。

最終的にはビジネス的にどうかというところでしょうけど、さまざまな要素を勘案した結果、トップ責任者がこれで行く!と判断したということです。

他にも楽しみにしているファンはいるのかしら、とツイッターなどを調べてみました。

うん、いらっしゃいます!

過去も今も。良かった。待望だった人もいれば新たなファンもいます。

反対に微妙以上に思っている方も多そう。

というのは拙ブログでも検索から「凱旋門」過去記事のアクセスがそこそこあるからです。

ちょっと伝わってくるものがあります。

ボリスの役を膨らませ歌も増やすことにより望海さんの比重が増えそうですので、初演の頃とだいぶ変わりそうです。

その頃からのファンや現在のファンもなるべく多くの人が楽しめる作品になっていますように。

私も凱旋門いい作品ですって書けるといいなあ。

と公演に向けて頑張っているだいきほはじめとする雪組と専科さんのことを思うと願わずにはいられません。

劇団にとってもなんとしても成功させなければならないでしょう。

初日は6月8日、雨が多い季節ですね。

「凱旋門」に関していろいろ書きましたが、趣味ですので楽しめるところを楽しんでいきたいと思います。

きっと大丈夫!ショーもあるし!(^^)(←)

2年連続顧客満足度首位の宝物歌劇団。

今回の公演でも満足度を獲得できますよう。

お読み頂きありがとうございました。

↓よろしければ〜

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










2 件のコメント

  • こんにちはぁ
    凱旋門前夜祭、カフェブレイク などでの対談は 面白くて楽しそうで良い雰囲気でしたね。
    きっと いい作品になると 今は楽しみにしています 
    うーん でも 小川理事長様「望海さんがトップになってやれる時が」って 
    別にトップでなくても だいもんは ボリスやれる実力 
    とっくの昔にあったと思いますけどと突っ込みたくなりますし、 だったら もっとはやく
    トップにしてくださっていけばとも思います。。。トップ就任すごい待たされた感あります。
    轟さんだって 少しでも 若い方が やりやすかったんじゃないかと思いますもん
    会見ひらくたび 突っ込みどころつくっている 日大アメフト部 思いだしました 
    まあ 発表の時より悲しみは癒えましたが。
     
    マイティ ちょっと同期の れいちゃんに 先越された感がありますね
    だいもん と みりおちゃん の感じに 似ているなと 思います
    実力は マイティが 上だと私は思います 
    2人とも だいもんが花組時代に可愛がっていた後輩だと認識してます
    マイティにも良いときが必ずくると思います。我が家はマイティ派。
    今後もブログ楽しみにしております 勝手に言いたいこと吐き出してしまって すみません

  • 1児の母さま

    メッセージありがとうございます!
    凱旋門は歌も半分くらい新曲が入るそうでかなり初演とは変わるようですね。
    望海さんの比重をかなり増やしたのでしょうね。2番手以降も活躍できるといいのですが。
    だいきほの人気と実力で集客はできるでしょう。あとは轟さんがどれだけ見せられるか。

    現在は18年前よりSNSなど盛んですから評価がダイレクトに出てくるでしょう。理事長の判断はどう評価されるのでしょう。

    ちょっとハラハラしますが懸命に取り組むジェンヌさんたちがそれぞれ輝けるよう、いい作品になるよう願うばかりです。

    花組はかなり動きがありましたね。
    人事予想記事はまだ書いたことがないのですが、またその時期が来ましたら書くかもです。現在は見守っています(^^)
    ありがとうございました〜!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。