凱旋門の主演が轟悠さんだったことを振り返った記事を消してしまったお話




いろいろな意味で話題であった『凱旋門』。劇場で観劇された方、ライブビューイングや円盤で観られた方、いかが感想をお持ちだったのでしょう。

私もやっとこさDVDを観て作品の感想を書きました。

『凱旋門』感想。拠り所と歩みについて

『凱旋門』②ボリスがすごい件について

『凱旋門』③なぜラヴィックとジョアンは恋に落ちたのか

そしてあらためて轟悠さんが出演された感想を書いたところで更新をしくじり、2000字ほど消してしまった時の喪失感を味わっています。

おお、こはいかに。滅多にないのに。

これは振り返ってはいけないような気がしてきました(←単なるポカミス)。

また同じことを書く記憶と気力と時間がないので、簡単に。個人的な感想です。

作品は良かった。

轟悠という役者を初めて観るきっかけになった。

彫刻のような顔がすごい。帽子の角度や表情など良かった。

芝居が良かった。渋さが独特で貴重な存在。コアなファンが多いのもやっと納得できました。

 

残念なところでは、

 

あ!ファンの方はここまでで、ありがとうございました!『凱旋門』は嬉しさとともに気を揉んだこととお察し申し上げます。


で、正直に思ったところですが、

歌は聴きづらいところあり。ダンス+歌は厳しそう。

靴のせいか年齢のせいか不明ですが、立ち姿の膝がちょっと伸びていない印象。役柄でそんな感じもしないでもないけど。

だいきほの愛が観られず残念。せっかくのキスシーンなど、私はドキドキできず。それぞれの演技は申し分ないけど、トップコンビではないから仕方がない。年齢とサイズのバランスも関係。逆に言えばドキドキキュンキュンできるのはトップコンビの醍醐味。

番手が下がる。致し方なしだが。

他には、

ファン同士あれこれなるところも。逆に話題性により戻るファンあり新規あり。

雪組大入り100%継続中なのだそう。良かった。

ちなみに、11月1日に発表された阪急阪神ホールディングスの決算はマイナス。19年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比12.7%減。歌劇団が属するセグメントも営業利益が10%あまり減少。阪神タイガースの影響もあり。歌劇団は前年がトップスター退団により売上好調だったことの反動であると説明しています。(直接『凱旋門』がどうこうではありません)

小川理事長の経営手腕はかねてより素晴らしいのではと思っています。今回のことは理事長が責任を負って決めたことだが、制作発表会を思い返すと説明は歯切れが悪かった。決められることとは決められるけど、もしかして今回の件に関しては前理事長、前々理事長から引き続がなければいけなかったかも?まだまだ特別顧問として存在感がありそうな気も、と邪推してみました。

 

轟悠という役者は素晴らしいし極めて貴重だと思いますが、それでもやっぱりトップスターを抑えて主役は私はどうかなあと思うのは変わらず。

スター制度に崇高さを感じていまして。

これは人の好みでどうこうではなく、仮に望海さんが専科、轟さんの方が若くて雪組トップスターだったら轟さんがラヴィックをするのが当然と思うかなと思います。

望海さんにはボリスをして欲しいところですけど、番手など影響を考えると出演するならヴェーベル先生がいいかも、と思ったり。

凡人の甘っちょろい考えかもしれませんが、なんか、せっかく青春を掛けて宝塚に入ったのだから、なるべく多くのジェンヌさんに出来るだけ多く出演して欲しいと思ってしまうのですよね。優秀な方は多くいらっしゃいますから。

勉強とか芸の継承とか第二の春日野八千代さんとか生徒と理事の架け橋とかもあるとは思うのですが。今後はいかがですかねえ。それら諸々を超えてなお真ん中に立たれる轟さんもよほどの覚悟を決めているとお察しします。

といったところで、次へ向かいましょう。いよいよファントムですね!

SNSでファントムのチケットに当選したツイートを見かけると、行きたい人がチケットを得られて良かったなあと思います。観劇される方、楽しんできてくださいませ。私はライブビューイングに行きたいと思っています!

お読みいただきありがとうございました。(なんだかんだで1500字になりました。その後加筆して1700字超に)

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。