宝塚 望海雪組『凱旋門』理事出演に思う




『凱旋門』について

10月16日に2018年の雪組の公演ラインアップが発表されました。

すでに何日か経っていますので、いろいろな人が様々な媒体で様々な意見など書いているとは思うのですが(私はそのころ栗きんとん、いや、早霧せいなさんのセミナーの記事を書いていたが)、私も今頃ですけど(基本今頃)、思ったことを書いておこうかな、と思います。

結論を先に言うと、「もったいないなあと思う。」と言うことです。

ちょっと日も経ちましたので冷静に考えてみたいと思います。

個人ブログに綴る一個人の考えです。

よろしければお進み下さいませ。

公演内容

ちょっと先に公演内容を見ておきます。

『凱旋門』-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-

■主演・・・(専科)轟 悠、(雪組)望海 風斗、真彩 希帆

宝塚HPより

祖国を追われた亡命者たちが集う、第二次世界大戦前夜のパリ。ドイツから亡命してきた外科医ラヴィックは、友人ボリスに助けられながら、あてどなく仇敵を捜すだけの失意の日々の中で鮮烈な恋を見出す……。ラヴィックにとって生きる希望となるジョアンとの恋を軸に、過酷な運命に翻弄されながらも懸命に生きる人々の姿を、シャンソンをモチーフにした音楽を絡めて描き上げた作品。

2000年に雪組で初演、主演を務めた轟悠が文化庁芸術祭賞演劇部門優秀賞を受賞するなど、絶賛を博した傑作ミュージカルの待望の再演となる。

私は2000年の初演は見ておりませんで、どのような作品かは分かりません。

HPによると、「絶賛」、「傑作」、「待望」の再演になっていますね。

知らなかった…。しかも文化庁の賞も受賞しているとは。

芸術的評価が高い作品だったようですね。

望海風斗さんと理事のW出演。名前は当然ながら理事が先に表示されています。

再演も理事の存在感が十二分に発揮されそうです。

複雑なファン

作品のファン、理事のファン、理事も出演する効果を期待したり、組子の後学の為になると思う方もいらっしゃるでしょう。

そうは言っても、やはりなにか引っかかる。

組子は応援したいのだけれど…

なぜ理事が…

など、いろいろ考えしまう人も相当数いるのでは、と推測します。

私も疑問に思ってしまうところ、釈然としないところがある、そんなことが心に浮かんでしまったのは正直な気持ちです。

でもなるべく冷静に多方面から考えたいと思います。

メリットを考えてみる

1997年に雪組トップスターに就任した轟理事は2002年に専科に異動しました。

それから15年。2003年には理事にも就任しました。

異動後も公演の主演を務めるとともに、理事としても宝塚の発展のために尽力する轟理事の宝塚への貢献度は、比類のないほどです。

私などが語るに及ばず。

舞台に立てば圧倒的存在感です。

それを理事が受賞した作品を望海風斗さんがどう受けて立ち、雪組をまとめて一つの作品に作り上げていくかは一つの魅力でしょう。

そうすることですでに完璧だと思われるだいもんさんがさらに成長を遂げるかもしれませんし、彼女もそのつもりで臨むでしょう。

さらにその姿勢が組子にも伝わり、雪組全体の底上げにも繋がる効果も期待できます。

作品としては、素晴らしいものが出来上がることに疑いを持ちません。

需要は?

大劇場出演だけでなく、タカスペのDVDを観ていた時も、結構出番が多いのだなあ、と率直に感じました。

需要はどうなのでしょう。

専科異動後15年の歳月が流れ、新しいトップスターが生まれては去り生まれては去り。

花の命は短くて。

ファンも15年経てばかなり変わるでしょう。

私も理事の現役時代は宝塚を見ておらず。

のちのち動画でちょこっと『エリザベート』のルキーニ、『ノバボサノバ』を見たぐらいだと思います。

 

往年の轟ファンでしたら、とても嬉しいニュースかと思います。

しかし、ファン全体の割合からしたらどのくらいなのでしょう。

年月とともに割合が少なくなっていっていると考えるのが自然でしょう。

デメリットは?

やはり、ここが気になるところです。

デメリットは「組子の機会の損失」ではないかと思います。

唯一にして最大と言ってもいいかもしれません。

輝くために青春のすべてを捧げる組子たち。

実際に輝ける時間は膨大な下積み期間(入学前も含む)からすれば、ほんのわずかです。儚い刹那の美です。

トップオブトップの理事を迎えれば主演はW出演。二番手以下も台詞や登場や役の重要度が減りこそはすれ、増えることはないでしょう。

思い入れのある人や組が「その時」に該当してしまえば、複雑な気持ちになる人の割合の方が多いのではと思います。

轟理事がどのぐらいの権限を持ち、意思を反映できるのかは分かりかねますが、最終的な決定権はさらに上の人。

劇団への不満が増殖すること。

結果、理事に対する不満が増えること。

すべてを前向きに変換し、取り組む組子たちでしょうが、そういったことがないに越したことはないのでは?と思います。

あえて、の意味はなんでしょうか?

多くの不満が出るのは(内に秘めて応援するファンを含む)、想像に難くない気がしますが…。

少数の大きな力が働いているのか…。

私には分かりません。

新たに劇団を作ったり、理事になる能力のない私は、現況を受け入れ、楽しめるところを見つけ楽しむしかありません。

今後のために「希望」を持って書く

あまり否定的なことを書かないようにしている私ですが、この記事を書いた理由は今後のためになるといいなあ、と思ってのことです。

すでに決定したことは覆りませんので、『凱旋門』についてはどうこう言うのはせんなきことかなと感じてあまり気力が湧きません。

楽しめることを期待するのみです。

しかし、今後については「希望」を持って書きたいと思います。

組のトップコンビを据えたのなら、そのトップコンビに合わせた作品を選定されたし、と思います。

作品に(または理事に)合わせるのではなく。

主演(+2番手3番手以降の役)以外で専科から迎えるのはいいと思いますが。

(そんなことで選定してないよ、と言えばそれもごもっともです)

 

富士山の形のように美しく形成された組にもう一つ富士山やエベレストを持ってくるのも贅沢ですが、

そのままの形をじっくり味わいたいのは私の好みです。

その富士山をかたち作っているスターたちを、何回も見ることができないと思うと、より…。

私の考えでは、今回のことは総合的に「もったいないな」と思います。

おわりに

他の人の意見を否定したりはしません。

正解、間違いを出すものでもありません。

多くのいろいろな人が宝塚を愛しているのだなあと思います。

どんな状況でも奮励努力する組子、それを応援するファン。

ファンあっての宝塚。

今回の件で、「時のトップスター率いる組の魅力を最大限発揮できる作品に重きをおいての選定が肝要ではないかと感じました。

以上、ワタクシ、一個人の考えをまとめてみました。

時間が前後しますが、よろしければ他の関連記事もよろしければどうぞ(感情の起伏がちと出ています^_^;)

「凱旋門」先行画像は轟理事と望海風斗さん。あれ?真彩希帆さんは?

『凱旋門』ポスター見たら前向きに

『凱旋門』制作発表会&前夜祭

『Gato Bonito!!』(ガートボニート)に期待大!藤井大介氏が見どころを語る

「凱旋門」前夜祭ムービーなどから

『凱旋門』カルヴァドススイーツやグッズも登場!再び名作となるか

『凱旋門』『ガートボニート』初日!おめでとうございます!

そうは言いましても今ある公演を楽しまなければもったいないので、パリの世界にどっぷり浸かれることを願い書きました。↓

『凱旋門』断片的な情報から想像してパリの世界へ行ってみる

↓7月3日に書いた記事です。

「受賞」や「名作」に捉われず(『凱旋門』)

↓よろしければお願いします。(^^♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村










12 件のコメント

  • うっすらの宝塚ファンですが
    最近、東京まで理事主演が増えてビックリしています。
    なぜあっちでもこっちでもトップをさしおいて主演するのか
    本当に不思議です。

    専科主演で好きなだけやればいのに。。。と思ってしまう。

    もしかして
    各組と公演したあと、引退されるのか??と
    勘ぐってしまいます。

    本当に、花の命は短いのに
    後輩を育てたいなら、その存在感と威厳で
    脇で、しっかり支えてほしかった。

    今日は貸切りの発売がありましたが、買う気になれなかった。
    無事完売しましたが
    よい公演になるよう祈るばかりです。

  • まるか様
    コメントして頂きありがとうございます!
    そうですね。あっちでもこっちでも、との印象を持ってしまいますよね。
    やはり出れば主演になってしまいますので、大劇場はちょっともう、、、ですね。
    あとタカスペ2017の理事の声を聞いてびっくり(風邪だったのかしら?)。これで大丈夫かしら、と若干心配になりました。
    DVD購入をどうしようと思いますが、評判で決めたいと思います。
    本当によい公演を祈るのみですね。
    ありがとうございました(^^)

  • ブログ 楽しく 拝見させていただいて おります
    なぜなぜ 轟さん? という気持ちです
    たまたま 中学校からの 友達三人が 揃って だいもん 大好きになって
    もう四年ですかね 主演する これからの
    一作一作が 貴重なんですが 本当に 理由が知りたいです
    この 「なんでー}っていう 気持ちの もって行き場がなくて。。。
    ちなみに 私たちは きいちゃんも 大好きです

  • 1児の母様
    コメントありがとうございます!
    お友達も皆さまだいもんさん好きなのですね(^^)そして真彩さんも。
    私も真摯に向き合うハイクオリティーなお二人が大好きになりました。
    それだけに理事出演は「なんで」ですね。
    世代は変わりました。劇団や理事に不満が増す大劇場の出演はもう本当にそろそろ…と思ってしまいます。
    ありがとうございました(^^)

  • わたしも同意見です。

    配役をみましたが、だいもんさんは2番手となるのですね。。きっとショーのパレードもWトップ扱い、、、。理事も羽根を背負いますね。。
    だいもんさんの貴重な一作が…こういう形になるのは残念です。。涙

    専科の方の本公演主演は、何だか寂しい気持ちになるし、劇団側の都合としか思えない。再演したいなら、理事だけで日生劇場等で勝手にやってほしい。笑

    昔、コムちゃん主演の時も同じように思いました。あれから何年???まだいらっしゃることに驚きを隠せません。

  • ぴろ様
    コメントありがとうございます!
    一部配役と先行画像が出ましたが、やはり正直なところ残念な気持ちが湧いてきてしまいますね。
    専科は専科でされて、若手を勉強としてそちらへ出演させるならなあと思いますが、都合なのですかねえ。
    コムさんの時というと、本当にだいぶ前ですね。
    せめてパレードは花を持たせて頂きたいです。
    ありがとうございました!

  • 初めてコメいたします。私も、せっかくの実力あるトップコンビのせっかくの機会が、残念です。観た後でモヤモヤして、せめて、ダブルキャスト、とかで、何とかならなかったものかと思いました。個人的願望としては、ラヴイックを望海さん、ボリスを彩凪さんで見たかったかな。

  • サリー様
    コメントありがとうございます。

    サリー様は実際に観劇した結果でもやはり残念な印象を持たれたのですね。もしラヴィックが望海さんだったらボリスは…など考えてしまうのも自然なことだと思います。
    お芝居には集中したいけれど残念な気持ちが優ってしまうモヤモヤ感が伝わってきました。

    例えどんなに実力があってもどのような意味を持たせても、組トップの上に他の人を据える公演は、美しい組体制にはやはり不自然に感じます。
    結果や成果に関わらず、大劇場特出主演は本当に今回限りであって欲しい。あれこれなるのは本当にもったいないなあと改めて思います。ありがとうございました〜

  • はじめまして。全く同意見です。
    轟さん現役時代は本当に素敵な方で応援していました。
    今でも轟さんは好きですし、轟さんが主演されるのは喜ばしい事ですが、なぜ?それが雪組公演?それが納得できません。イベントなどで神を超えた公演なら気持ちよく観劇できたと思います。
    雪組公演なら雪組トップさんが主演でなければ
    頑張ってる組子さんや応援しているファンの気持ちかついていきません。宝塚では夢をいただいて来ましたが、ここに来て裏に何かあるのか?
    ファンの気持ちなど関係ない所詮商売なのか?といきなり現実を突きつけられた思いがしております。これは個人的な意見で誰かを否定するものではありませんので気を悪くされた方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。
    子どもの頃から好きだった宝塚いつまでも夢を見させて頂きたいですね。

  • みいみ様

    はじめまして。コメントありがとうございます。みいみ様は轟さんが専科に異動する前からお好きなのですね。でも組のトップを降りたからには主演は現トップに。轟さんには他の形で活躍して欲しいものですね。

    トップスターを頂点に作品を作り上げていくスター制度は美しく、宝塚の大きな魅力の一つだと思います。今回のことはある意味、夢のようなキャストかもしれませんが、同時に夢を大きく削ってしまっているのだと思います。いろいろ思うと劇団はそこはしっかりと区切りをつけた方がいいのではと感じています。
    みいみ様のおっしゃる通り、これからも夢を見させてもらえる劇団であって欲しいと思います。
    ありがとうございました!

  • 初演観劇してる者の1人です。何年か前、やはり特出していた公演で、こんなに歌え無かったかな?って、思ったのですが。ただ、乏しい記憶に、専科移動の暁に、年に1公演は、主演させる見たいな、条件?が、あった様な無い様な…。ただ、年と供に、周りは、若くなりますから、今回、あれ?ってなりましたけど。未来の春日野先生ですから、仕方ないのかも。

  • さざえ様
    初めまして、初演を観劇されている方のコメントありがとうございます!
    轟さんは長年活躍されていますからファンもいらっしゃると思いますし劇団の決めることは仕方ないと思いますが、それでも主演となるといろいろ考えてしまいますね。

    ご本人は今回主演を務めてどのように感じたのでしょうか。満足の行く舞台だったでしょうか。
    理事という立場でもありますからどこか自分で主演の区切りをつけるものかもと思っています。惜しまれるうちが花ですし、脇を固める役の方が年齢を重ねた轟さんにとっていいのではと思うのですが、こうしたことが十数年前から続いているのですねえ。
    そこまでしないと宝塚のクオリティが継続維持できないかと思うと個人的にはそうでもない気がします。
    未来の春日野先生として着々と崇拝できる体制に。でもその体制もそろそろ見直しても…とちょっと思ったりもします。
    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ※注意! お名前は表示されますのでニックネームで。メアドは不要。日本語のみ。管理人承認後に表示。